「耳打ち」イ・ボヨン、父親が殺人容疑者に…衝撃的なオープニング

SBS月火ドラマ「耳打ち DVD」第1話では、殺人の濡れ衣を着せられたチャンホ(カン・シンイル) とそれに驚愕する娘のヨンジュ(イ・ボヨン) の姿が描かれた。

ソンシクと会おうとしていたチャンホより暴漢のほうが早かった。ソンシクを追撃していた暴漢がボーガンで攻撃したのだ。チャンホが現れた時、ソンシクはすでに死亡していた。チャンホはテレビ局出身の元記者であり、事件を追跡していた。

そんな中、通報者のチャンホが殺人容疑者となった。切ないロマンス DVD娘のヨンジュが係長である鐘路(チョンノ) 警察署で調査を受けることになったチャンホの姿が「耳打ち」の始まりを告げた。

耳打ち DVD


シン・ヨンジュは自身と一緒に寝たときの映像を見せ、耳打ち DVD父をつれてこなければならないと脅迫した。続けて彼女は、チョ・ヨナという名前の秘書を採用することを強要した。

一週間後、新婚旅行に行ってきた後、テベクに出勤したイ・ドンジュンはチョ・ヨナという名前で自身の秘書になったシン・ヨンジュに出会い、君主仮面の主人 DVD非常に当惑した。

ソ・ヨンジュはイ・ドンジュに、事故当時の防犯カメラ映像の写真を見せ、捜査を頼んだ。