「7日の王妃」14話 パク・ミニョン&ヨン・ウジン&イ・ドンゴン、運命覆した歴代級エンディング

KBS2水木ドラマ『7日の王妃 DVD』悲しい運命の絆に陥ってしまった3人の男女も、彼らの愛も、兄弟の対立もすべて歴代級だった。

この日、シン・チェギョン(パク・ミニョン扮)は正体を隠し自身の召使いになったミョンヘ(コ・ボギョル扮)により、さらに厳しくなった。そしてイ・ヨクがシン・チェギョンの体に刻まれたと文身と密旨の秘密を知っていることを知ってしまった。シン・チェギョンとイ・ヨクは互いにあまりにも愛している。しかし、残酷な運命が彼らの愛を許していないだろう。

シン・チェギョンの文身が密旨と関係があるということはイ・ユン(イ・ドンゴン扮)も直感した。最高の一発 DVDここにシン・スグン(チャン・ヒョンソン扮)がタニシの嫁の根拠地を見つけたが報告しなかったという話まで聞いた。イ・ユンが感情もどうすることもできない渦の中に陥った。ついにイ・ユンはシン・スグンを責め立て、夜遅くシン・チェギョンを1人拉致して宮に連れて来た。

チャン・ノクス(ソン・ウンソ扮)、イム・サホン(カン・シンイル扮)は、引き続きイ・ユンの不安な感情を刺激した。結局イ・ユンはチャン・ノクスにシン・チェギョンの服を脱がせ、体に文身があることを確認させた。しかしその瞬間、宮にイ・ヨクが走って入ってきた。イ・ヨクはシン・チェギョンを自分の後ろに立たせた後、イ・ユンに強く対抗した。

7日の王妃 DVD


ここから反転のエンディングが始まった。お互いに向けた兄弟の目つきが一寸の不足もなく鋭く対立した瞬間、イ・ヨクがシン・チェギョンにもらった先王の密旨を取り出した。イ・ヨクは自身が先王の維持に基づいて、王になったとし、その王位を再び兄のイ・ユンに譲位すると叫んだ。崩れる自尊心、シン・チェギョンへの愛のためにイ・ユンはますます大きな怒りと悲しみを感じた。

結局イ・ユンはシン・チェギョンとイ・ヨクの落郷の決心を許諾することができないと叫んだ。7日の王妃 DVDしかし、すでに逆境カップルの誓いと心は防ぐことができなかった。イ・ユンの空虚な眼差しと聞こえない叫び声を後にしてシン・チェギョンとイ・ヨクは手を握ったまま、宮を出た。長い道のりを戻り、少し幸せになった逆境カップルの後ろ姿を最後にこの日の放送は終わった。

歴代級エンディングだった。まず、色が違う他の3人の男女の愛が計り知れないほど深く凄絶になった。シン・チェギョンとイ・ヨクはお互いにどのような状況でも、お互いに最も重要なものは、相手だということを知った。一方、イ・ユンはシン・チェギョンに向けた満たすことができない愛執着にさらにいらいらするしかなかった。猟奇的な彼女 DVD彼らの悲しくて凄まじい愛をぎっしり築いてきたストーリーを介してエンディングで爆発させたのだ。他にも兄弟の対立などを介して一瞬も目を離すことができない緊張感を誘発した。

最も引き立って見えたのは、着々と築いてきた感情をエンディングで爆発させる俳優たちの熱演だ。休む暇もなく涙を流さなければならかったパク・ミニョンはもちろん、固い決意と愛を見せてくれたヨン・ウジン、心を焦がす執着とむなしさまで表したイ・ドンゴン。3人3色の俳優たちの熱演が高まるストーリーとあいまって完璧なシナジーを発揮した。