「力の強い女ト・ボンスン」ZE:A ヒョンシク&パク・ボヨン、急接近し甘い雰囲気に

JTBC金土ドラマ「力の強い女トボンスン DVD」第4話では、ミンヒョク(ヒョンシク) がボンスン(パク・ボヨン) を、以前とは違う目つきで見ていた。

2人は公園に行ったが、誰かに鉄玉鉄砲で撃たれて、ミンヒョクの腕から血が出た。ボンスンはミンヒョクを持ち上げて病院に行くために走った。

しかしミンヒョクは病院に行くことを拒み、ボンスンが自ら傷の手当をしてあげたが、ミンヒョクはそんなボンスンを見て妙な感情を感じるような目つきを見せながら、カノジョは嘘を愛しすぎてる DVDぎこちなさを表した。

力の強い女トボンスン DVD


この日、ヒョンシクは「映画『私のオオカミ少年』を見て、パク・ボヨンと共演してみたいと思っていたが、このように共演することになりとても幸せだ」と話した。自己発光オフィス DVDヒョンシクは「男の同僚俳優たちがみんな羨んでいる。僕が勝者だ。実際に会ってみたら、思ったよりもラブリーな女優だった」と伝えた。

ジスも「パク・ボヨンに実際に会ってみたら、天使みたいだった。誰でも欲しがっているロマンのような女優だ。ヒョンシクが話していたように、みんな僕を羨んでいる」と付け加えた。

力の強い女トボンスン DVD」は生まれつきものすごい怪力を持って生まれたト・ボンスン(パク・ボヨン) が、クレイジーさが魅力であるゲーム会社のCEOアン・ミンヒョク(ヒョンシク)、正義感溢れる新人刑事イン・グクドゥ(ジス) に出会うことから繰り広げられる、3人の男女の力比べロマンスを描く。