「学校2017」6話 キム・ジョンヒョンが差別する学校に痛快な反撃

KBS2月火ドラマ『学校2017 DVD』6話では、大学進学のために組まれた生活記録簿が作られる学校の現実が描かれた。生活記録簿による差別により傷ついたラ・ウンホ(キム・セジョン扮)、ソン・デフィ(チャン・ドンユン扮)そして担任シム・ガンミョン(ハン・ジュワン扮)のためにヒョン・テウン(キム・ジョンヒョン扮)のX活動が再開された。

ウンホと対面したデフィは逃げようとしてコンテストの試験用紙を落とし、ウンホとテウンは再び返そうと職員室に入った。

しかしパトロールをしていたガンミョンとハン・スジ(ハン・ソナ扮)が現れ、二人は隠れなければならなくなった。マンホール―不思議の国のピル DVD声を聞いたガンミョンはスジに突然好きだと告白して関心を寄せ付け、そのお陰でウンホとテウンは危機から抜け出すことができた。

翌日、ウンホはデフィを信じて昨晩の出来事について詳細には聞こうとしなかった。自分が退学の危機に置かれたときに唯一嘆願書を書いてくれたデフィを内心では感謝していたのだった。しかし二人と向き合ったテウンは自分のことに関わるなというデフィに「お前なんか惨めに生きようがつまらなく生きようが関係ない!あのときすでにお前はアウトだから」と、未だに明かされていないテウンとデフィの過去の話に関心を寄せさせた。

学校2017 DVD


デフィが生活記録簿に書かれた正しい姿とは違う自身の行動により苦しんでいる中、クムド高校生活記録部戦争はピークに達した。最高の一発 DVD上位圏の学生たちは塾のコンサルティングを通じて直接作成してきた生活記録簿の内容をガンミョンにそのまま書いて欲しいと要求し、ガンミョンはこれを受け取るしかなかった。運営委と校長の圧迫により学期中に禁止された生活記録部の公開まで強要されたガンミョン。「18歳なんかで人生がみすぼらしいですね」というテウンの言葉に「28歳でみすぼらしいよりはマシだ」とつらい気持ちを打ち明けた。

安全な場所としてXの味とに移ったウンホとテウンはガンミョンが直接作成した生活記録簿を校内に公開した。学校2017 DVD大学進学のために組まれた生活記録部ではない、ガンミョンが直接見てきた子どもたちの本当の姿が収められている生活記記録簿だった。その後、学生たちに渡したのちに「数学コンテストのポイント大放出」というXのメッセージには校長から数学コンテストの答案を受け取るテウンの映像が納められていた。Xがテウンを告発したのかという囁きにウンホからは秘密めいた笑みを、子どもたちからは怒るテウンの姿で興味深いエンディングを披露した。

学校の露骨な差別により美術コンテストへの参加の機会も得ることができないウンホと、数学コンテストの答案を盗まねばならなかったデフィ。そしてそんな学校に痛快な一発を飛ばしたテウン。