「怪しいパートナー」37・38話 ナム・ジヒョン×チ・チャンウク、お互い対する罪悪感を白紙に

SBS水木ドラマ『怪しいパートナー DVD』では、ノ・ジウク(チ・チャンウク扮)とウン・ボンヒ(ナム・ジヒョン扮)が、これまで気にしていた申し訳なさを打ち明ける姿が描かれた。

この日、ジウクはボンヒの両親を疑ったことについて謝罪の言葉をかけた。

ポンヒは「それは誰のせいでもない。君主仮面の主人 DVD私も間違っていたことが多い。検事をやめさせたり、チョン・ヒョンス(ドンハ扮)に会わせたり、怪我をさせたり、私を就職させたり、食べてさせてくれたり、寝かせてくれたり」と言いながら、「私たちお互いチャラにしてほしい。何もなかった時に再び戻ろう」と希望を伝えた。

これに対して、ジウクは「いいよ」と言って、これまでの罪悪感が軽減した。

怪しいパートナー DVD


公開された写真でジウクはヒョンスを発見して怒りの表情をしており、ヒョンスは囚人服を着た姿のまま傷だらけになった顔で現れ、怪しいパートナー DVD毒気のある目でジウクを睨んで、2人の間に流れる極度の緊張感をそのまま伝えている。

続いてジウクとヒョンスがもみあい激しく争う姿が捉えられた。シカゴタイプライター DVDジウクは全身を投げうちヒョンスを制圧しようとしており、ヒョンスは歯をかみ締めながら彼から逃れようと必死にもがいている姿で、まるで怒った獣の戦いを彷彿させる。