マーフィーの愛の法則 31話(最終話) あらすじ

リー・ジャーイン扮する主人公グァン・シャオトンは、金持ちの男に家柄を理由に振られ、タン・ユージャ演じる紀家尉(ジー・ジアウェイ)は、仕事を最優先する女にプロポーズをしようとした日に蒸発され、互いに愛に傷つつき、一年が経った。マーフィーの愛の法則 DVD紀家尉は後腐れのない別れをサポートする離婚後事務所を設立。主人公は出会い系サイトで恋愛相談を受ける心療内科医師 Dr. Loveとして働いている。 そんな二人の職場はなんと通りを挟んで向かい同士!愛に傷ついた二人が対立しながらも、それでも惹かれあい…。

水が怖かったシャオトンが海で波乗りに挑戦する。

今のままでは何も変わらないと思ったズーイェンは、シャオトンに告白した。

しかし、シャオトンは「友達のままの方がいい」と断る。アニキに恋して DVD

ジアウェイの事を忘れられないシャオトン。
それをズーイェンは、痛いほどわかっていた。

だからこそ彼女に「勇気を出ししてちゃんと伝えないといけない」と諭す。

その言葉でシャオトンは、ジアウェイに会いに行く。

ところが、空港に向かうジアウェイと行き違いになり会えない。
電話もつながらず、シャオトンは焦る。マーフィーの愛の法則 DVD

空港に到着したシャオトンは必死にジアウェイを捜すが見つからない。

会えないかも?と思ったその時、アニキに恋して DVDエレベーターに乗る彼を見つけた。

シャオトンは「愛している」と伝え、ジアウェイにキスをする。