《外科风云 > 外科風雲》-Surgeons-インデックス

緊急救命の最前線で戦う主人公たち。そして過去に起きた医療ミス事故の真相とは
数十年前の殺人事故を誘発した“医療事故”に起源する。
交通事故で搬送された患者は適切な処置を受けて一命をとりとめたが、薬物アレルギーで突然死亡した。その夜の担当看護士、張淑梅が質疑され、外科風雲 DVD薬を間違えて持ち場を離れた事が死亡原因だと言われた。

1984年6月3日嘉林市。村家は林立、柳樹は成蔭して、抑揚ある伝統演劇の調べの中で、歓楽の笑い声が伝来する。清秀な少年小斌は妹の手を引いて、特工皇妃楚喬傳 DVD母の職場『仁和病院』に向かっていた。八歳の少年の姿は憂いの心配もなかった。

しかし、院内の廊下で“胸外科”主任、修敏齊(※高鑫)の姿を見て、立ち止まった。母の張淑梅“胸外科”看護士が修敏齊を追って廊下に飛び出した。
張淑梅「私がそんなミスを犯す筈はありません。修主任、聞いて下さい。ペニシリンなんて打っていません。確かにリドカイン(Lidocaine)です。どうか調査してください」
修敏齊「やめないか。注射は君の管理の筈だ。特工皇妃楚喬傳 DVDペニシリンでアレルギーを起こした患者が今、治療中なんだぞ」
張淑梅「私は医師の指示に従っただけです。誤解です。お願いします、ちゃんと調査して下さい」

そこに、その患者は蘇生できず、死亡したと報告が来た。張淑梅は雷に打たれたように、崩れ落ちた。修敏齊は深く嘆いて、「あなたは革命烈士家族であるので、『病院』はあなたを首にすることが出来ません。いずれこの件は調査する」。警備員が駆け付けて両脇を抱えるようにして立たせ、連れて行った。修敏齊「帰宅して休みなさい」。外科風雲 DVD張淑梅は必死に頭を振って情緒は激烈で 廊下には悲痛な叫び声が響いた。「私はミスなんかしていない。私が殺したんではない」。驚いた妹は母の後を追った。
廊下むかえの部屋から“胸部外科”主刀医師、傅博文が出て来た。修敏齊は目が合ったが直ぐに部屋に入ってしまった。傅博文は少年の視線を感じた。

張淑梅の息子は他人が母を犯人扱いをする患者死亡議論を聞いて、信じなかった為に喧嘩をして罰せられた。四歳の妹を迎えに行って家に帰る途中で、妹が人さらいにあって行方不明となった。張淑梅は薬品使用錯誤で死亡させた事を非難されて精神不安となって次第に恍惚となって自殺した。残された息子は城外の親戚を頼って家を後にしたが、その後は行方不明であった。