韓国ドラマ「雲が描いた月明かり」1-2話あらすじ

幼い頃から男装して生きてきたサムノムことラオンは、恋愛相談家として生計を立てていた。そんなある日、代筆を頼まれて恋文を送っていた相手と会うことになるが、現れたのは一国の世子であるヨンだった! そうとも知らないラオンは、雲が描いた月明かり DVD身分を明かせと詰め寄るヨンを落とし穴に置き去りにして逃げ出すことに成功。その後、借金取りに売られて内官試験を受けるはめになるが、そこでヨンとまさかの再会を果たす。気まずいラオンは脱出を試みるが、仕返しをしたいヨンは彼女を内官に合格させてしまう! 互いの素性を知らぬまま、2人は次第に距離を縮めていくが…!? 嫉妬の化身 DVD

雲が描いた月明かり DVD


幼い頃から男装して生きてきたサムノムことラオンは、借金返済のために恋愛相談から恋文の代筆まであらゆる仕事を請け負っている。嫉妬の化身 DVDある日、「自分の代わりに恋文の文通相手に会ってほしい」という男性の依頼を引き受けるが、その相手とは一国の姫であるミョンウン王女だった。ミョンウン王女の兄で世子のヨンは恋文を発見して憤慨し、妹の代わりに待ち合わせ場所に現れる。驚いたラオンは彼を落とし穴に置き去りにして逃げ出すが…。

借金のカタに内官として売られたラオンは試験前に王宮から脱出しようとするが、ばったりヨンと出くわしてしまう。「再会したら何でも言うことを聞く」というラオンの言葉を思い出して喜ぶヨン。ラオンは筆記試験に失敗するためにわざとでたらめな答えを書くが、ラオンを合格させたいヨンは試験会場を訪れてこっそり正解を教える。雲が描いた月明かり DVDそんな中、ユンソンもラオンと再会し、ソン内官に無理難題を押し付けられた彼女をさりげなく手助けする。