『耳打ち』イ・ボヨン&イ・サンユンvsクォン・ユル…最後まで凄絶

『耳打ち』イ・ボヨンとイ・サンユンには、クォン・ユルとの壮絶な戦いだけが残っている。

SBSの月火ドラマ『耳打ち DVD』が、残すところ後2話となった。イ・ボヨンとイ・サンユン、この二人の法匪へ向けた痛快な復讐は、分水嶺を越え始めた。世の中を覆す二人の一発がどれだけ重く、どれだけ激しいのか『耳打ち』最後の章の成り行きが注目されている。

現在までの『耳打ち』では、シン・ヨンジュ(イ・ボヨン)とイ・ドンジュン(イ・サンユン)は法匪の温床、ミッションボディーガード DVD巨大法律事務所太白を率いる人物チェ・イルファン(キム・ガプス)の腕に手錠をかけた状態。これからシン・ヨンジュとイ・ドンジュンは、別の法匪の中心人物カン・ジョンイル(クォン・ユル)を捕らえるため猛獣のように襲いかかろうとしている。

耳打ち DVD


写真のカン・ジョンイルは追われ身のようにみすぼらしい身なりをしている。彼の口元には、殴り合いでもしたかのよう傷や血痕が鮮明に残っている。ミッションボディーガード DVD父が残したボグク産業まで投げ捨てながら、自身の欲望のために駆けてきたカン・ジョンイルだけに、すさまじい執着と狂気に染まった眼差しは、ぞっとさせながらも強烈だ。

SBS月火ドラマ『耳打ち DVD』では、天下無敵の法律事務所「太白」の代表チェ・イルフヮン(キム・カプス)が緊急逮捕された。シン・ヨンジュ(イ・ボヨン)とイ・ドンジュン(イ・サンユン)の銃口は、今後新たな標的カン・チョンイル(クォン・ユル)に向けられることになり、後半さらに激しいストーリー展開が予想される。