「マンツーマン」9話 パク・ヘジン、パク・ソンウンに「作戦には500万ドル必要」

JTBC金土ドラマ『マンツーマン DVD』9話ではキム・ソルウ(パク・ヘジン扮)がヨ・ウングァン(パク・ソンウン扮)に支援を要請する姿が描かれた。

チャ・ドハ(キム・ミンジョン扮)は自身の父親を助けるというソルウに「あなたをどう信じて待てるのか」と反発した。しかしウングァンは「方法があるのか。トンネル DVD何でも助けられることがあれば話なさい」と伝えた。これにソルウは「ひとつだけ助け出せる方法があります。作戦のために500万ドルが必要です」と答えた。

当惑したウングァンは「500万ウォンではなく?」と聞き返した。ドハもまた「もういい。この人の何を信じて金を貸すんですか」と引き止めた。しかしウングァンは「どうして金を稼いだ。こういうときに使うためだ」と言いながらも躊躇したように「韓流スターだからそれくらい大丈夫ではないか」と問い直して笑いを誘った。

マンツーマン DVD


ミウンとウングァンは映画に関心を持ち、挙句の果てに自分の息子と一緒に撮った写真まで発見すると、スンジェは冷淡な笑顔で「ただ罰を受けろ。僕の怒りが収まるまで」と息子への接触を禁止することでミウンに対しさらに過酷な悪行を加えた。マンツーマン DVDまた、その後はウングァンのフィルムへの投資を打ち切り、締め付けることで、2人に向けた深い嫉妬と怒りを表出した。

劇中スンジェは自分が持っているすべてのものを利用して、トンネル DVD殺害を指示したり壊したり、欲しいものを手に入れるためには手段を選ばない。巨大な野望のために、また歪んだ方式の愛のため、彼なりの理由ある行動は、悪として捕らえられるが肝心の本人は認知していない。