「獄中花」15話 チン・セヨン、コ・スに「私が女性に見えるのか」

MBC週末ドラマ『獄中花 DVD』では、オクニョ(チン・セヨン扮)とユン・テウォン(コ・ス扮)がピンク色のロマンスを繰り広げる姿が描かれた。

この日、ユン・テウォンは夜中に一人で帰ろうとするオクニョに「夜道に女性がひとりでは危険だ。私が連れて行ってあげる」と話した。

これにオクニョは「私が女性に見えるのか」と尋ね、韓国ドラマ 獄中花 DVDユン・テウォンは「女性でなかったら何なんだ」と答えた。

オクニョは「一昔前、典獄署で初めて会った時は子どもとしてだけ見ているようだった」と話し、ユン・テウォンは「恐れもせずに鄭蘭貞に立ち向かうのをみると、子どもではないだろう」と受け応えた。

韓国ドラマ 獄中花 DVD


これにオクニョは「じゃあ、女性として見ていると思うことにする」と微笑んだ。

オクニョはユン・テウォンに「私の知る限り、韓国ドラマ ボイス DVD明との交易は誰もができるものではない。どうなっているのか」と尋ねた。

ユン・テウォンは「私たちの大行首が、太監と縁がある」と答えた。

続いて「人生には3回のチャンスが訪れると聞いたことがあるか。私には今回のチャンスが、そのうちの1回だ」と話した。獄中花 DVDまた、「今回の交易では通訳が重要だから、健康に気をつけなくてはいけない」とオクニョを気遣った。