人気日本ドラマ「東京タラレバ娘」1話あらすじ

倫子(吉高由里子)は、30歳・独身・彼氏ナシの売れない脚本家。 高校時代からの親友でネイリストの香(榮倉奈々)、居酒屋の看板娘・小雪(大島優子)と、 東京タラレバ娘 DVD日々、“女子会”と称して集まっては好き勝手言い合いながら酒を飲むのが一番の楽しみだ。

ある日、倫子はドラマ制作会社の早坂(鈴木亮平)から「大事な話がある」と食事に誘われる。 8年前、ADでまだまだダサかった早坂に告白され、北の国から DVDフッたことのある倫子だったが、今や早坂は立派なプロデューサー。

東京タラレバ娘 DVD


香と小雪は、東京タラレバ娘 DVD「告白どころか今回はプロポーズされるのでは?」と煽り、倫子もまんざらでもなく感じていた。だが、そんな倫子たちの前に金髪のイケメン・KEY(坂口健太郎)が現れる。

KEYは、タラレバ話ばかり繰り広げる倫子たちに対し、北の国から DVD何の根拠もないタラレバ話で盛り上がる「タラレバ女!」と言い放つ……!