中国ドラマ「三生三世十里桃花」私の夫――夜華

近頃、居眠りの時間が少しずつ増えてきた気がする。

「それは、恐らく妊娠されたからではないでしょうか。お妃様、そんなに心配なさらなくてもいいと思いますが……」と奈々は布団を片付けながら、そう言ってくれた。

 奈々は私の世話をしてくれる女官、三生三世十里桃花 DVDそして、この洗梧宮で唯一私に笑顔を見せてくれて、「お妃様」と呼んでくれる仙女であった。他の仙人や神々は大抵私を軽蔑している。私が夜華の妻であることを認めてくれないからかもしれない。私は仙籍を持っていない、ただの人間であったからかもしれない。

 奈々は窓を開けたらしい。風に靡いて、足の音が微かに窓から伝わってくる。

「お妃様、皇太子殿下がお見えになりました」極品絶配 DVD

 奈々の声は少し昂ぶっているように聞こえる。

 私は布団から起き上がり、寝台の壁に背を凭せ掛ける。頭はまだ朦朧している。起きたばかりけど、まだ眠たい。中国ドラマ 三生三世十里桃花 DVD

暫くたって、誰かが寝台に座った。多分夜華だろうな。

「今晩の星空、綺麗だった?」]

 急に瞼がぴくぴくと動き始めた。

 彼は長く躊躇い、素素、今、まだ昼だと教えてくれた。三生三世十里桃花 DVD

 いつもの癖で、目を擦ると、目を覆った包帯に触れた時、自分の目はもうなくなったということを再び実感した。