「雲が描いた月明かり」パク・ボゴムが語るソン・ジュンギ、キム・ユジョン、歌手デビュー

ソン・ジュンギからキム・ユジョンまで、「雲が描いた月明かり DVD」のパク・ボゴムが大衆の関心に答えた。

KBS 2TV「雲が描いた月明かり」で王世子イ・ヨン役を熱演した俳優パク・ボゴムは、ソウル鐘路(チョンノ)区三清洞(サムチョンドン)の某カフェでインタビューに応じた。

「雲が描いた月明かり」はパク・ボゴムのパク・ボゴムによるパク・ボゴムのためのドラマとして通じている。“ジャンル:パク・ボゴム”という話が出るほどだ。韓国ドラマ 雲が描いた月明かり DVD彼の熱演のおかげで「雲が描いた月明かり」は視聴率20%を超え、月火ドラマ1位の座を守った。これによってパク・ボゴムは「応答せよ」シリーズの呪いをやぶったと好評された。

雲が描いた月明かり DVD


パク・ボゴムは視聴率が20%を超えると思わなかったと明かし、たくさん愛されたことに感謝した。以前、監督が明かしたように、再撮影した部分もあるパク・ボゴム。雲が描いた月明かり DVD彼は「緩む演技が多くて難しかった」と伝えた。初主演にして初めての時代劇、アクション、簡単なことが何一つ無かった作品だ。

始まりは簡単ではなかったが、パク・ボゴムの演技は次第に成長していった。彼はイ・ヨンの魅力を200%引き出した。青春時代 DVD彼はホン・ラオン役のキム・ユジョンと切ないロマンス演技を披露し、世子の苦しみも繊細に表現した。特にパク・ボゴムは“エンディング妖精”とも呼ばれた。パク・ボゴムは「エンディングで視聴率が高騰して嬉しい」と感謝の気持ちを伝えた。