「男と女」コン・ユ、待ち望んできたチョン・ドヨンとの共演と正統派恋愛演技への挑戦

「チョン・ドヨン先輩にたくさん頼りました。監督が少し寂しがるかもしれませんが(笑) 僕にはチョン・ドヨンという大きな存在が『男と女 DVD』を選ぶことになった最も大きな力だったし、その力のおかげで撮影することができました。それは変わらない事実のようです」

俳優コン・ユがデビュー後初めて正統派恋愛映画に挑戦した。それも、恋愛演技で息を合わせたい相手役に挙げてきたチョン・ドヨンと一緒にだ。今回の映画でコン・ユは、女性客ならばチョン・ドヨンがうらやましくなるほど、ときめいて辛くて切ない恋愛演技を披露する。

「男と女」は雪に覆われたフィンランドで出会い、熱く惹かれ合う男と女の話を描いた映画だ。コン・ユが突然やってきた熱く惹かれる思いにしがみつく男、ギホン役を演じた。

男と女 DVD


「『映画 男と女 DVD』のシナリオを初めて頂いた時から、気分が良かったです。待っていたジャンルでしたし、その上チョン・ドヨン先輩とご一緒できました。恋愛演技をするならチョン・ドヨン先輩としたいと考えていましたが、二つとも合致して、長くは悩みませんでした。近くでチョン・ドヨン先輩の演技を見て、演技する過程が楽しかったです。学びながら、反省もしながら演じました。内心では僕もそれなりに繊細だというプライドがあったんですが、先輩の演技を見ると自分は何でもないんだなと思うようになったんです。刺激もたくさん受けましたし、一緒に相乗効果を出すことができたようです」

そのためか、映画のコン・ユとチョン・ドヨンの姿を見ていると、これまでチョン・ドヨンと共に演技した多くの俳優が彼女の影に隠れていたこととは異なり、造られた殺人 DVDチョン・ドヨンとコン・ユの二人の姿が共に見える。“チョン・ドヨンの男”でなく、“チョン・ドヨンとコン・ユ”として、スクリーンで生きて呼吸をしている。