映画 華麗なるギャツビー その美しさも、莫大な財産も、すべてが完璧な男

華麗なるギャツビー DVD」のグローバルパートナーとして、ジェイ・ギャツビーをはじめ、男性キャストの衣装を提供している「Brooks Brothers(ブルックス・ブラザーズ)」は、明日の23日まで丸の内店でスペシャル衣装展が開催されている。そして、原作に基づいて再現した衣装を現代の素材に置き換えた「GATSBY COLLECTION」がブルックス・ブラザーズの各店舗で販売されている。そんな「GATSBY COLLECTION」のスーツで着飾り、ギャツビーを気取ってみるのも実に面白い。

華麗なるギャツビー DVD


華麗なるギャツビー DVD」は、ロバート・レッドフォードというイメージが強いが、第1次大戦後「ロスト・ジェネレーション」と呼ばれ、虚脱感の中に生きる戦後世代の代弁者とされた米国の作家であるF・スコット・フィッツジェラルドが、アメリカンドリームを体現した謎めいた男ジェイ・ギャツビーの半生を描いた「グレート・ギャツビー」は、今回が5度目の映画化。

この作品の舞台となっているのは、「狂騒の20年代(Roaring Twenties)」。これは、アメリカの1920年代を現す言葉であり、社会、芸術および文化の力強さを強調するものである。第一次世界大戦の後で、ウォレン・ハーディングは、君の香り DVD「常態に帰れ(Return to Normalcy)」という公約で出馬。これはその時代の3つのトレンドを反映していた。すなわち、第一次世界大戦に対する反応として新たにされた孤立主義、移民排斥主義の復活、および、改革の時代における政府による積極行動主義からの方向転換だった。