チェ・ジニョク&ペク・ジニ、新ドラマ「傲慢と偏見」に出演確定!“主席検事&修習検事役”

俳優チェ・ジニョクと女優ペク・ジニがMBC新月火ドラマ「傲慢と偏見」(脚本:イ・ヒョンジュ、演出:キム・ジンミン)への出演を確定した。

チェ・ジニョクとペク・ジニは「傲慢と偏見」への出演を確定し、初放送を準備している。

「傲慢と偏見」は検察庁を主な舞台にして、法曹人たちの野望と暗闘、恋を描いた作品である。チェ・ジニョクはドラマで仁川(インチョン)地検の主席検事ク・ドンチ役を演じる。ペク・ジニはヒロインの修習検事ハン・ヨルム役を演じる。

ペク・ジニは今年4月に韓国で放送を終了したMBCドラマ「奇皇后 DVD」で皇后のタナシリ役を演じたことに続き、後番組である「トライアングル」にも出演して活躍した。すでに今年3本目となる月火ドラマのヒロインの座を手に入れたのだ。

今月韓国で放送を終了したMBCドラマ「運命のように君を愛してる DVD」に出演したチェ・ジニョクは、今回の「傲慢と偏見」を最後に軍に入隊する予定だ。「傲慢と偏見」は「夜警日誌 DVD」の後番組として韓国で10月から放送される。