Angelababyの大漢情縁之雲中歌 4話あらすじ

云歌は许平君に刘病已は自分の兄の様だと言います。

そして質に入れた装飾品も買い戻していました。
刘弗陵は既に結婚していました。

大司马大将军霍光は皇后の母方の祖父です。
霍光はこの時代の権力を全てに握っています。
刘弗陵が七里香に行ったことも知っていました。
霍成君は才色兼備な自慢の娘です。

刘病已は既に判決が出ていて処刑される様です。
许平君と云歌は傷つきます。雲中歌~愛を奏でる~ DVD
孟珏は長安の高級な貴族などを集めて食事会を開くようにいます。
そして霍光の注意を引こうとします。
一品居と七里香の対決を行いその場で刘病已を助ける作戦です。

霍光は刘弗陵は食欲が悪いのを知っており、それでも七里香の食事には褒美を与えた。
行ってみる価値はあると言います。

昌邑王刘贺が孟珏と連絡を取ります。二人は何か陰謀をたくらんでいる様です。
二人は刘病已が皇族の身分であることを知っていました。
刘贺は孟珏を使って李蜀を手下を殺し、刘病已は囚人(とらわれの身)となった様です。
孟珏は刘病已の身分は高いが、自分のライバルになる資格が足りないとおもっています。

霍成君は男装で街に出ます。茶室で一枚の絵を見つけます、そこに孟珏があ割られて絵の話をし出します。
絵は結局孟珏が手に入れますが、孟珏は霍成君の身分を知っていました。
その絵を霍府の霍成君に送り届けます。雲中歌~愛を奏でる~ DVD

云歌のおかげで七里香は非常に繁盛します。孟珏は手助けしようとしますが、逆に邪魔ばかりです。
孟珏は働き続ける云歌の体が心配です。そして常叔と相談します。