チョ・ヨジョン、デビュー20年『ベビーシッター』反転演技好評

デビュー20年目の可愛くセクシーな女優というイメージのチョ・ヨジョンが、KBS第2の4部作『ベビーシッター』で、これまで見られなかった彼女の姿に、笛吹き男 DVD視聴者は衝撃を越えて戦慄さえ感じた。

「チョ・ヨジョンは、こんなに演技がうまかったのか?」という感嘆が湧き出た。

ベビーシッター DVD』が、22日に衝撃的な反転で幕を下ろした。 このドラマは、スタートから不倫や新人俳優の下手な演技で視聴者からのブーイングが続いた。 女性主人公チョン・ウンジュ役を務めたチョ・ヨジョンが、助演のように感じられた。

ベビーシッター DVD


放送後に視聴者は、チョ・ヨジョンの演技変身や密度の濃い演技力に賛辞を送った。 デビューして久しいが、可愛いイメージ、又は映画での露出イメージ程度に記憶している大衆に、『ベビーシッター』でのチョ・ヨジョンは、特別な修飾語が必要ない女優。 『ベビーシッター DVD』もまた、不倫ドラマという汚名を払拭して一編の映画のような演出力としっかりした台本、チョ・ヨジョンの神がかりの演技力が合わさった秀作と、評価されるようになった。