Happy Birthday クォン・サンウ!元祖韓流スターは今も健在!

第一次韓流ブームをけん引した俳優のひとり、クォン・サンウが、8月5日満38歳の誕生日を迎えた。
2001年にドラマ『おいしいプロポーズ』の端役でデビュー。その直後主演した映画『火山高』で注目され、一躍スターに。その後、韓流ブームの波に乗る形で、チェ・ジウと共演した『天国の階段 DVD』が国内外で大ヒットし、『韓流スター』としての地位を固めた。

初期の『火山高』や『マルチュク青春通り』『同い年の家庭教師』でみせた、直情的でやんちゃなイメージと、『天国の階段』『悲しみよりもっと悲しい物語』でみせた、悲しい運命に苦悩する姿。そして『戦火の中へ』、『レディプレジデント~大物』などで見せた強い男のイメージ。それらが融合して「クォン・サンウ」が作り上げられてきたのを、ファンならずとも実感するところだろう。
映画とテレビドラマを行き来して活動してきたクォン・サンウだが、最近はドラマが続いている。スエ、東方神起のユンホと共演した『夜王』、チュ・ジフン、SHINeeのミンホらと共演した『メディカル・トップ・チーム』、そして現在、『天国の階段』で共演したチェ・ジウとの再共演が話題になっている『誘惑』だ。

その『誘惑』のなかでクォン・サンウが演じるソクフンは、逆境にまけず、実直で頭もよく優しい夫でもある、一見完璧な男だ。そのソクフンが、逃れられない選択を迫られ、変化していく姿が描かれていて、まだドラマは序盤だが、これからも様々なクォン・サンウの姿が堪能できるだろうと期待している。
私生活では、2008年に女優ソン・テヨンと結婚。翌年には、長男ルッキくんが生まれ、時々父親としての顔ものぞかせている。『誘惑 DVD』のソクフンも父親役でもあり、これからはそういった面でも役柄の幅が広がっていくのではないだろうか。
次々に新しいスターの生まれる韓国ドラマ界だが、彼のように変わらず活躍している俳優がいることは頼もしい。これからも変わらず、そしてまた新しいクォン・サンウに出会えることを期待したい。