匂いを見る少女[第3話]あらすじ記事前半&ユチョンStillほか

SBS水木ドラマ「においを見る少女」3話では、シン·セギョン(オ・チョリム役)がパク·ユチョン(チェ・ムガク役)に捜査の糸口を渡す姿が電波に乗る予定だ。

この日の「匂いを見る少女 DVD」放送でチョリムはムガクにチュ・マリ(パク·ハンビョル)の香水の匂いが湖に向かっていると言う。
チョリムの話を聞いてムガクはヨムミ(ユン·ジンソ)と強力班係長(イ·ウォンジョン)にこの事実を伝え、捜査に入った警察は、川の中から、チュ・マリの車と遺体を発見する。韓国ドラマ 匂いを見る少女 OST

発見されたチュ・マリの腕に バーコードが刻まれていることを確認したヨンミは、バーコード連続殺人事件と確信し、ムガクに特別捜査班に参加するように指示する。

韓国ドラマ 匂いを見る少女 OST


ムガクは、妹を殺した殺人犯の糸口をつかむことができるか期待が高まる。
一方、捜査を支援する代わりに、チョリムを助けることにしたムガクは、捜査のために約束の場所に行くことができない。

SBS水木ドラマ「匂いを見る少女 OST」3話で、チェ・ムガク(パク·ユチョン)は、オ・チョリム(シン·セギョン)の助けを借りてチュ・マリ(パク·ハンビョル)の遺体を発見した。
ムガクとチョリムは力を合わせて行方不明になったモデルのチュ・マリを探しに出た。
チョリムの見える嗅覚を利用してチュ・マリの香水のにおいを追跡したところ、チュ・マリの遺体は川に落ちた乗用車の中で発見された。

7


すべての捜査チームが山中を調査する中で、ムガクが川に落ちたチュ・マリの遺体を見つけたことで、プロファイラーのヨンミ(ユン·ジンソ)は、ムガクに注目する。
また、ヨンミは、ムガクを特別捜査チームに合流させた。