韓国ドラマ 上流社会 第2話

ユナは母親のブラシから髪を取ってDNA鑑定をしたことがありました。
結果は、親子である確率99.9%。

「大当たり!カンパイ!上流社会 DVD
だけど、あんたが自分でやったの?お金持ちなのね。だからDNA鑑定なんかできたんでしょ。すごく高いんでしょう?」
「ねえ、ここで私が話したいのは、母さんと私の関係じゃない。どうしてお金の話に飛んじゃうの?」
「それでも私にはDNA鑑定の方が興味あるわ。ドラマみたいじゃない?
だけど、実の母だって、ハハハ。(ユナに睨まれて)ゴメン。

上流社会 DVD


チェ代理のせいで私がおかしくなってるみたい」
「そのうち付き合うことになりそうね」
「(保証金)500万ウォンで月20万ウォンの部屋に住んでるのに、そんな男をどうやって狙える?見ているだけで満足よ」

「Boys, be ambitious! 少年よ大志を抱け。志してみなさいよ。その男と結婚すれば、屋上部屋からマンションに引っ越せるわ」上流社会 DVD
「ユナ、私たちがいくらお金がないからって、しなきゃいけないこともあるし、しちゃいけないこともあるのよ。私の力でお金を稼ぐのが一番気楽なの。男に頼るなんて望ましくないわ。
シンデレラなんて望ましくないの」