「火の女神ジョンイ」復活を遂げたムン・グニョン、民のための人生を歩み始める

MBC月火トラマ「火の女神ジョンイ DVD」第19話では、視力を失って、分院を離れるジョンイの姿が描かれた。

目が見えなくなったジョンイは「何の未練も残っていない」と言い、テド(キム・ボム)とともに分院を離れた。ひたすら夢に向かって走って来たジョンイは、これからは陶磁器を焼くことができないと思い、無気力になって分院を出た。光海(クァンヘ、イ・サンユン)はそんなジョンイの去って行く後ろ姿を呆然と眺めた。

分院に入る前に暮らしていた家に戻ったジョンイとテド。韓国ドラマ 火の女神ジョンイ DVD二人が新しい生活に慣れないうちに、彼らの前に仁嬪(インビン、ハン・ゴウン)が送った兵士たちが押し掛けて来てテドを連れて行った。

テドが宮に連れて来られたことを聞いた光海は、目が見えないジョンイが一人でいることを心配し、仁嬪のもとを訪れ「テドを解放してくれ」と、求めた。

火の女神ジョンイ DVD


一方、一人残されたジョンイは、すでに数十年前に亡くなった母親のヨノク(チェ・ジナ)の声を聞き、惑わされたかのように窯に火を入れた。

窯の前に立ったジョンイは「再び視力を取り戻すことができるなら、百人のための、千人のための、いや、万人のための器を作る」と、窯の神に約束した。火の女神ジョンイ DVDしばらくして光海とテドが到着し、視力を取り戻したジョンイは二人の名前を呼んだ。

視力を取り戻したジョンイは窯の神に約束したとおり、民のための器を作り始めた。不衛生的な木器を使ったため、食あたりを起こした民のために、クッパ用の器を作ったのがその始まりであった。