歌手パク・チミン、ドラマ「火の女神チョンイ」OSTに参加

SBS「K-POPスター」優勝者である韓国女性デュオ「15&」パク・チミンがMBC月火ドラマ「火の女神チョンイ DVD」(原題)のオリジナル・サウンド・トラック(OST)曲を歌ったことがわかった。

 13日、OST制作会社によるとパク・チミンは「K-POPスター」の音楽監督として縁を結んだプロデューサーチーム「Wasabii Sound」と新人作曲家ソ・ユソクが一緒に制作した「愛してる」をオンラインに公開したという。

火の女神ジョンイ


 「愛してる」は劇中、光海(イ・サンユン)を愛するチョンイ(ムン・グニョン)の切ない気持ちを表現した曲で、今後の展開される主人公の愛の物語に劇的な要素を加える。

 火の女神チョンイ DVDJYPエンターテインメント所属であるパク・チミンは現在パク・イェリンと共に女性デュー「15&」として活動しており、今回のOSTではソロで歌っている。