ロードマップ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ロードマップについて(Ver.1.00)


 当アナログハック・オープンリソースの更新は、現在(2015/03/30)のところ、第三シーズンまでを想定しています。
 もちろん、記述することが多くなれば第三シーズン以降にまで長くなることも充分にありえます。

 更新にシーズンという期間の区切りを導入したのは、おおまかに更新の傾向を変えるつもりであるためです。
 どこかで区切りをつけないと、延々と更新が続いていては、データを使う皆さんもかえって使いにくくなるのではないかと考えたためです。

 これは、第一シーズンの更新情報で、すでにSF小説の背景として利用するのにそう不自由しないデータ量はある(※)と判断したためでもあります。
 オープンリソースのデータ追加が続くのは、情報が豊かになるということです。ですが、その反面、ユーザーの皆さんが作品を作っている最中に、皆さんのオリジナル設定と齟齬が出る可能性があります。
 このため、どこかの段階で一度情報公開をストップし、落ち着いて作っていただく期間を設けようと当初から考えていたのです。

(※)管理人のPC上にある更新用作業ファイルは、ツリーテキストファイルですでに約2MBになっています。これでも穴だらけなのですが、片っ端からふさげば使いやすくなるのかというと、それも違うと考えているのです。




第一シーズン


2014/7/4のオープンから、2015/3/31(このロードマップVer.1)までの更新のことです。


 2014/7/4までに管理人(長谷)の手元にあったアナログハック・オープンリソースの基本的なデータの更新は、この第一シーズンで一区切りついています。

 ただ、更新を後回しにした項目もあります。(「風景作製」「ハザード」「世界の状況」)
 これは管理人(長谷)の都合のほか、以下のような理由からです。

  • どこまで書いてよいものかわからず、データとしてぐだぐだと長いものになりそうだったこと。
  • データ量がムダに多いわりに穴も多いため、使用者それぞれで自由に埋めてもらったほうがよいと判断したこと。



第二シーズン


2015/4/1からの更新のことです。


 アナログハック・オープンリソースが始まってから、第一シーズンではデータの更新のみを行っていて、サイトに手を入れることはありませんでした。
 第二シーズンでは、おもにサイトとしてのアナログハック・オープンリソースに手を入れてゆくことになります。

 今のところ、以下のようなことを考えています。

(1)掲示板の設置[15/5/23 更新完了]

 twitterの#ah_openタグで従来も情報を集めることは可能でした。けれど、どうしてもtwitterの情報は流れ去ってしまって後から探すのが困難です。
 また、140字の制限では書ききれないことも多くなります。
 このため、掲示板の設置を考えています。

  • 誤字・脱字。記載内容へのご意見などをユーザーの皆さんから募るために、スレッド式の掲示板を設置するつもりです。

  • 掲示板は、ユーザーの皆さんが作られたアナログハック・オープンリソース作品の宣伝を書き込む用途も考えています。
オープンリソースを利用した作品を探すのがとても大変なので、情報をひとつにまとめられるとよいかと考えました。これは基本的に自薦を考えています。

  • オープンリソースに対する要望を募る用途も考えています。
アナログハック・オープンリソースは自由に使っていただくためのものですが、それはそれとして集まるための「場」の提供はやってもよいのではないかと思っています。

 掲示板の管理人は当面長谷がやることを考えていますが、ひょっとしたら公募などのかたちで掲示板管理者を募ることになるかもしれません。
 これは、さすがに更新すら延期が頻繁に起こっている多忙の中、掲示板の頻繁なチェックができるかは微妙であるためです。


「アナログハック・オープンリソース総合掲示板」を開設しました。



(2)画像およびデザインのアップロードポリシーの制定および、アップロードの開始。


 現在、アナログハック・オープンリソースでは管理人による設定文章のアップロードのみを行っています。
 これを、オープンリソース公式にデザインや図版を寄稿いただき、アナログハック・オープンリソース作品に自由に使ってもらえるようにすることを考えています。
 オープンリソースページにデータをアップロードすることで、アナログハック・オープンリソースでの利用の範囲で他の皆さんに広く使ってもらうオープンリソースに加えるということです。

 これについては、興味のあるかたはやってみてください。
 せっかくオープンの場があるので、長谷がデータを公開するだけではなく、皆さんが「場」にリソースを加える側にも参加されるというのも楽しいのではないかと考えました。(※)

(※)管理人が公開しているような設定を募るというのも考えたのですが、いまのところは見合わせています。元々アナログハック・オープンリソースは『BEATLESS』と関連作品の背景設定を公開するものであるため、ここが開設してすぐに広がりすぎると何のためのものか分からなくなるためです。

 ただ、図版やデザインは、著作権として強固に守られているものです。これは設定文章よりも遥かに強固なものです。
 このため、図版とデザイン用の公開ポリシーは、作成者の権利が守られるよう新たに現行のものとは別に作る予定です。

 実は、すでにビッグゲストさんからデザインをいただいていたりします。準備が整いましたらこのサイトでオープンにしますので、お待ち下さい。
 そして、図版とデザインについてはさすがに弁護士さんと相談しなければならないため、いろいろと手がかかっております。しばしお待ちください。



(3)本文インデックスの作製。


 アナログハック・オープンリソースは、SFなのでいろいろと特徴的な用語が登場します。
 けれど、現在は情報が多くなりすぎて、用語がどこに登場しているか探すのが面倒なサイトになっています。
 このため、本文インデックスページを作ることを考えています。いまのところイメージとしてwikipediaによくある情報一覧ページのようなものを作るつもりでいます。

 アナログハック・オープンリソースのサイトでは【右メニュー】のページをまったく使っていません。
 なので、ここにインデックスをまとめることを考えています。



第三シーズン

 スタート時期は未定ですが、第二シーズンが一区切りついた後、再び新規情報の更新を始めようと思っています。
 現在連載している『天動のシンギュラリティ』の設定をオープンリソースに追加してよい状態になったら、はじめる予定です。




今後の展望


 今後のアナログハック・オープンリソース更新は、基本的には1~2ヶ月に1度程度のゆっくりした更新になってゆく予定です。

奇数シーズンでは新しい情報の追加を行うことを考えています。


 現在連載している『天動のシンギュラリティ』(ファミ通コミッククリア)の設定。
 また、長谷敏司(管理人)がアナログハック・オープンリソース作品の作例として作ったという位置づけですが、『ワールド・フランケンシュタイン』シリーズ(ファミ通クリアコミック)に使用した設定。

 今後は、アナログハック・オープンリソースでは、新規の設定情報は奇数シーズンのとき増やしてゆく予定です。


偶数シーズンでは、その情報の整理やシステムまわりに手を入れる更新を考えています。

 サイトのデザイン変更などは、よほど緊急のもの以外は偶数シーズンで行ってゆくつもりです。

 また、偶数シーズンでは、アナログハック・オープンリソースを使ったイベントなどを行うかもしれません。
 掲示板やtwitterなどで意見を募ることもあるかもしれません。
 ただ、これに関しては、管理人多忙により、オープンリソースページでは(管理人主催で)開催はしない可能性もあります。



現在のロードマップのバージョン情報ログ


2015/3/20 Ver.1.00公開