※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

寝るときの適性環境は、
室温28度湿度50パーセント以下です。
湿度が高いと汗が蒸発しづらいので気化熱を奪いづらく、
熱がこもる熱中症になります。

食中毒予防の家庭での保存の注意ポイントがあります。
冷凍食品の冷凍は、冷蔵庫や電子レンジを利用して、
自然解凍は避けましょう。
冷凍食品は使う分だけ解凍し、
冷凍や解凍を繰り返さないことです。

お肌の保湿効果が高まるお手入れは、
化粧水をなじませたら、
両手で軽くハンドプレスをすると浸透が高まりますよ。

じんわりと温かい手で顔を包み込むことで、
血行促進効果も得られますね。