※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 TRPG自作進行中。

 スキルの効果を考え中。先にこっちを考えないと不味かった、とようやく気付いた。攻撃値判定値増、反撃値判定値増、電脳値判定値増、援護値判定値増、行動値判定値増、HP増、SP増――基本は全部で七項目。組み合わせ方は二八通り……で合ってるよな? 重複を避けた場合、二一通り。これに攻撃値C値減、反撃値C値減、電脳値C値減、援護値C値減、行動値C値減の組み合わせを足すと――組み合わせ方は一五通り、重複を避けた場合は一〇通り――四三通り、または三一通り。これに同能力値の判定値増とC値増を組み合わせたパターンを足すと四八通り、または三六通り。
 1d10に落とし込むには、どうにもこうにも中途半端な数ばかり、というのがデータを作る上で最大のネックになっているので、これをうまいこといい具合に解決する方法を考えなくては。あと、攻撃値を優遇しないといけない、行動値を消費しない反撃が優位になってしまわぬように。それから、必殺技めいたものも入れたい。これは戦闘の高速化の役に立つので浪漫だけのものではない、のでこだわって良い。たったこれだけのデータでも、バランスを取るのって難しいもんだ。プロってすげーよなー。