アイテムプロデュース


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


概略

アイテムプロデュースでは、ゲーム中に獲得したプロデュースアイテム(お菓子)を消費してアイドルのポテンシャルを
引き出すことによって、タイプチェンジ(属性変化)やリーダースキルの解放を行うことができます。
なお、引き出したポテンシャルはカードの種類ごとに共通で、上昇させたカードと同じカードを再入手した場合は
すでにポテンシャルが上昇した状態になっています。

ポテンシャルの種類

ポテンシャルの種類は、基本の5属性とその上位属性にあたる5属性の計10種類あります。
また、各アイドルが保有するポテンシャルの数はレアリティで固定されており、種類はカードごとに決まっています。

ポテンシャルの種類
基本属性 上位該当属性






ボーカリスト ゴッドボイス
バラドル コメディエンヌ
モデル アクトレス
プレイヤー スタープレイヤー
ダンサー トリックスター

各レアリティ毎のポテンシャルの保有数
覚醒前 覚醒後
レア度 ポテンシャル数 レア度 ポテンシャル数
P 当該カードのアイドルの基本属性のみ PS 当該カードのアイドルの基本属性及びその上位属性
+その他の基本属性1種
G GS
S SS 当該カードのアイドルの基本属性+その他の基本属性2種
B なし BS 当該カードのアイドルの基本属性+その他の基本属性1種

ポテンシャルの上昇

ポテンシャルを上げるには、そのカードの保有するポテンシャルに対応するプロデュースアイテムを消費する必要があります。
ポテンシャルを最大値の半分以上まで上昇させると、そのポテンシャルの属性に変更することができるようになります。
また、最大値まで上昇させることでリーダースキルが解放されます。ポテンシャルの最大値は、レアリティごとに固定です。
各プロデュースアイテムによって上昇するポテンシャル量は、大きさによって決まっています。

各プロデュースアイテムの対応属性と上昇量
アイテムの種類 対応属性 上昇量
S M L Ex
クッキー ボーカリスト, ゴッドボイス 1 3 20 50
ケーキ バラドル, コメディエンヌ
キャンディー モデル, アクトレス
ガム プレイヤー, スタープレイヤー
アイス ダンサー, トリックスター

レアリティ毎のポテンシャル最大値
※そのカード本来の属性と異なる属性のポテンシャルの最大値は10倍に設定されている(括弧内の数値)ため、
最大値まで上げるには入手困難なExアイテムでさえ30個必要(Mなら500個)。
B BS S SS G GS P PS
- 40(400) 50(500) 60(600) 80(800) 100(1,000) 120(1,200) 150(1,500)

タイプチェンジによる変化

タイプチェンジを行うと、文字通り属性が変化するだけでなく、HP、ATKのステータスも変化します。
上位属性であれば基礎ステータスの約1.05倍、他属性は基礎ステータスの約0.9倍になります(1程度の誤差あり)。
さらに、リーダースキルも変化するため、よりバトルで有利に戦えるかもしれません。

アイテムプロデュースを行う際の注意点

アイテムプロデュースに当たっては、以下の点に注意した上で行ってください。
  • スペシャルレッスン後は、覚醒後のカードのポテンシャルが適用される。
    • ポテンシャルは各カードごとの状態が共有されるため、レッスン前のカードのポテンシャルが上昇していても、
      覚醒後のカードはそのカードを過去に上昇させていた分の数値が適用されます。
      初の覚醒であれば、レッスン前にリーダースキルを解放していても0から上げなおしとなります。
  • タイプチェンジしても、ポテンシャルの数値はそのまま残る。
    • 1度上昇させたポテンシャルはタイプチェンジでは減少せず、何度でも自由に変更することができます。
  • プロデュースアイテムは入手することが困難。
    • 特にLサイズ以上のアイテムはイベントやキャンペーン等に入手手段が限られているため、よく吟味して使いましょう。


コメント