愛知支部 誕生


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

平成22年10月より、大東流合気柔術六方会 愛知支部が誕生しました。

従来、名古屋支部会員として稽古していた何人かの会員が集まって、もっと岡本先生の技を学ぼう、しっかりコピーしようと言う観点から愛知支部の設立に至りました。

六方会の技には、技の原理はありますが動きを一定の枠にはめ込むような型稽古がないので、ともすれば我流に陥り、先生の技とはかけ離れたものになってしまいます。

また、技の動きが小さく速くて、少し見ただけではどうなっているのかさっぱり分からないと思います。

それらの問題を克服する為には、まず先生の動きを良く観察すること、また技を受けてその感覚を脳裏に焼き付けることであり、それがまた技の上達の近道でもあり、先生に近づく為の1歩です。

早く上達する人は、本当に先生の動きを良く観察しています。

我々愛知支部会員は、常にそれを念頭に置き、稽古しています。