あかねの愛人旅行

イヴを電マと店のコスプレパーティーの見せかけの喧騒の中で女陰をなぐさめるキャバ譲はおおいだろう

店に出勤しただ酒・アルコールで寂しさをまぎらわす女給も悲惨で興味深い

さて、そんな「マスぼっち」を避けて、店を抜け出し、愛人と温泉旅行に静かな観光地へに逃避行する

おんなも多い

給料のためなら会話も身体も売っている女が、一瞬、自分を洗濯する日だ

それでも売れっ子キャバ譲なんでイヴイヴの同伴・アフターは断れきれず、イヴのあさいちの高速船に

ラブホからタクシーで乗船場にかけつけたのは、よいとして、愛人がつくまではバク睡・・・

ラブホまでBMWでむかえにいってやるよWWW

いいよ、自分でぬけだしてくるから・・・

それに・・・

わたしを抱いているオトコをアンタに見られたくないから・・・

そういう根正直なあからさまな弁解にならない必死の朱音の発言が大好きだった

女はね、男が何人いたって、イヴを一緒に過ごすオトコが一番大事なんだからね

朱音(あけみ)の必死の大嘘は結構、いい響きでしょ

それで朱音は、愛人との生温かいベットをぬけだして波止場のベンチでねこんでしまったというわけだ

アフター

  • 92 -- 名無しさん (2016-12-26 11:02:31)
  • 98 -- 名無しさん (2016-12-27 01:39:58)
  • 106 -- 名無しさん (2016-12-27 12:03:14)
  • 110 -- 名無しさん (2016-12-28 17:46:07)
    名前:
    コメント: