クリぼっち

孤独を寂しがり屋と勘違いしてキザなセリフをならべたてていた

クリスマスは一人で過ごすことが多かったが、今年はそうもいかんみたいだ

今は昔、今となっては昔の話であるが----

冬は暖かいところがいいとばかり例のごとく、携帯電話を用心深くあちこちに忘れ、単独で沖縄にわたっていた

ところが12月にはいってから

電話

クリスマスに横浜にきませんか

当時つきあっていた女で、半蔵門線で国会議事堂あたりで降りるひとだから政府機関勤務のようだった

猫なで声でアニメ声

脊山麻理子をもっと理知的にした顔

姿かたちはスラリとしてインテリ然と紺色のスーツが似合っていたのでこの声には毎度意表をつかれていた

毎晩長い電話

恋人と別れた直後、知り合い、彼女は寂しかったのかすぐに深い関係になった・・・

その大切一番の女だからまた「内地」にもどることにした

きたばかりで旅費の元もとってないのでナクナクだ

付記

  • 19 -- 名無しさん (2016-12-22 17:55:43)
  • 24 -- 名無しさん (2016-12-25 01:06:09)
    名前:
    コメント:

添付ファイル