77歳の抵抗

2017/01/01-

今年は酉年なので、記念・祈念して77編の小説(エッセイ、落書きともいうw)に着手します

第一弾は「空から華」

ラブホ替わりに、ドカンを下校時愛を語り合うためにつかっているJKどもに現金入りのクロバックをあづけた

「なか、あけちゃあ、ダメだよ、おいちゃんに渡してね・・・」

「オッケー、二度目だね、SODのゴムありがと、チョー薄、オトコも喜んでた、彼氏、ヤル時、下付きだからって、腰の下に入れるマクラ探してたの、ちょうどいいわ、これ使うわ・・・でも
 
 これ大きすぎて、マンコ高くなりすぎィィ・・・チョーはずかしーーーちょっと、小さくなんない?」

「香典になるかもしれないな、とりあえず安すぎる退職金として・・・さようなら、本部長」

(めろと遊ぼっ!から引用)

[本編]

ハチローは渋谷にもどった・・・

まず、めろを発見したポンびきにあった・・・

つづく

Add

  • 今年度ベストはどれかな?「空から華」「めろと遊ぼっ!」を別格にすると、やはりボブ・ディランは意味深いかと。 (2016-12-15 00:31:39)
  • 21 -- 名無しさん (2016-12-15 05:31:39)
  • 69 -- 名無しさん (2016-12-15 05:34:33)
  • 79 -- 名無しさん (2016-12-16 12:28:46)
  • 86 -- 名無しさん (2016-12-21 04:36:39)
    名前:
    コメント:

添付ファイル