▼アイエル

「今必殺の『猫又剣技』、その目に焼き付けるニャ!」
【名前】 アイエル  【年齢】 9ヶ月(人間で言う所の13歳) 【誕生日】 2月22日  【性格】 めんどくさがり屋、マイペース 
【趣味】 昼寝、釣り 
【好きなもの】 マタタビ、魚介類(特にアジ)  【嫌いなもの】 熱い食べ物、ノミ
【声質】 桃井 はるこ(女性C[EX]ボイスA02)
【人柄】
  • 元動物とあってか、アークス内では随一と言われる程の身体能力を持つ。しかし普段はアークスシップ内のオブジェクトの上で昼寝をするなど、自由気ままな所もある。
  • ナベリウス原生種と仲が良く、意志疎通する事が可能。特にファングバンサーとが仲が良く背中に乗りながら敵を攻撃をできる程

【経歴】
  • 元は市街地で暮らしていたユウラとマイラに飼われていた普通の猫。しかし、ロギンスの手によってユウラとマイラ共々アウターラボに連れていかされ、幽閉されてしまう。アイエルは非人道的な実験を行われ、動物にして第二世代キャストのハーフとして誕生する。実験の際に記憶などを抹消されたが、動物的本能によってアイエルは研究所を脱出する。非人道的な結果が世間に知れ渡ってはまずいと、ロギンスは同じく実験を行われ生まれ変わったユウラとマイラを洗脳、アイエルの捕獲、もしくは排除命令を出す。一方のアイエルは力尽き、惑星ウォパルの草陰で倒れる。そこに偶然ライアットが通りかかり、保護される。看病の末に息を吹き返し、命の恩人であるライアットにお礼をしたいと思い、ライアットのペットとなる。腐ってもCST細胞を含んでいた為パーツ状態に変身でき、アークスとしての適性検査を受けるが、どうしても耳と尻尾とヒゲで怪しまれた。「これはコスプレという物ニャ!」と言い張りなんとか適性検査に合格。アークスとしての活動を始める。
  • ある日に、ライアットと共に任務をしていた道中にアイエルを捜索していたユウラとマイラに見つかり、攻撃を受ける。アイエルとライアットは反撃に出ようとしたが、突如アイエルの記憶が蘇り戦意を放棄し近付くが、ユウラが容赦ない攻撃により意識不明に陥る。その後はライアット一人で反撃をし、なんとか難を逃れる。ライアットの好意でユウラとマイラが仲間になるが、アイエルは少々ユウラとマイラを毛嫌いしている。
  • ロギンスとの最終決戦の時には、独自で生み出した『猫又剣技』という剣術を使い、ナベリウス原生種と共にダーカーと戦った。
  • その後はユウラとマイラと少しずつ仲良くなり、決戦で傷ついたナベリウス原生種達の看病をした。

【人柄】
  • 元動物とあってか、アークス内では随一と言われる程の身体能力を持つ。しかし普段はアークスシップ内のオブジェクトの上で昼寝をするなど、自由気ままな所もある。
  • ナベリウス原生種と仲が良く、意志疎通する事が可能。特にファングバンサーとが仲が良く背中に乗りながら敵を攻撃をできる程。

↓キャストオフの姿