※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ファサリナ&ランサー ◆FbzPVNOXDo


「や、やめろおおおおおお!!!」

少年はその純潔を散らした。
少年は高校に上がったばかりだった。
少年には気になる女の子が居た。
少年には夢があった。
少年には未来があった。

そんな罪のない少年だった。
ただ、その時近道をしようと公園のベンチの前を通ったのが運の尽きだった。

「―――やらないか」

「アッー!!!」

だがこの一突きで全ては無残に崩れさり、その一生に終焉を告げる。
刺しては挿入れ、刺しては挿入れ。女性との性交を模したその行為を、人は皆ホモセックスと呼んだ。



「ふぅ」

白い液体を肛門から垂れ流した死体を横に阿部高和は一息吐いていた。
これで今夜の魔力補充は十分。……少しヤリ足りない気がするが、まだこれは本命の為に取っておこう。
そう考えた阿部はイチモツをしまい休憩を取っていた。

「困りますね。ランサー……」
「マスターか」

普通なら警察か救急車を呼ぶであろう場所に、一人の女性が近づいてくる。
黒いロングヘアーに開けた胸元が妖艶な美しい女性だった。

「悪いが、今余韻を楽しんでるんだ。女に邪魔はされたくない」
「それはごめんなさい。でも、NPCの虐殺には触れないよう、くれぐれも程ほどにお願いしますね」
「何が程ほどだ。そういうお前こそ、もう俺の獲物を横取りするなよ。ファサリナ?」

ファサリナと呼ばれた女性は、少しバツが悪そうに頬を赤らめ笑みを浮かべる。

「ウフフ……何の事でしょう?」
「とぼけるんじゃあないぜ。俺の獲物をお前さん盗み食いしやがったな?」
「ああ、あの子達のことですか……」
「サーヴァントもマスターも俺のイチモツで(ホモ)ダチになったてのにてめえ……」
「でも彼ら、屈するどころかずっと屈辱と貴方への反抗心を増すだけでしたもの……。
 そんな姿を見ていると……私……なんというのでしょうか……咲き乱れてしまって」

阿部の拳が飛んだ。
サーヴァントの怪力を以って放たれたそれは正に砲弾の如く。
普通ならば、ファサリナの美しい容姿は崩れ醜い肉塊へと変わっている。
しかし、彼女は自身の槍を以って拳を受け流し、その容姿は未だ健全。

「ちっ、俺よりもランサーらしい奴だ」
「フフ……そんなふうになさっては、花びらを散らしてしまいますわ……。彼らのように」
「俺だって、壊すつもりはなかったさ。だがあんたのせいで……マジでヤっちまったのさ」
「ああ、勿体無いわ。せっかく、あの子達は私達のお友達になってくれたのに、貴方は乱暴すぎます……」

調子が狂う。
この女を見ていると、立っていたイチモツも瞬時に萎む。
全くもってハズレなマスターを引いたと阿部は思う。

「まあいい。
 お前は気に入らないが、色仕掛けで相手を魅了するってのは悪い策じゃない。
 相手にもよるがな」

そう言うと阿部は男子便所の前のベンチに座る。

「俺は、男子便所の前で鴨を待つ。
 お前は、女子便所の前で同じように鴨を待て。良いな?」

「あの、その策を実行するらな先ず役割を交換しません?」
「え?」



【クラス】ランサー
【真名】阿部高和@くそみそテクニック
【性別】男性
【属性】中立・善
【ステータス】筋力B 耐久C 敏捷A 魔力D 幸運E 宝具C
【クラス別スキル】

対魔力:B
魔術発動における詠唱が三節以下のものを無効化する。
大魔術、儀礼呪法等を以ってしても、傷つけるのは難しい。

【固有スキル】

愛の睾丸:C
目にしたホモ、ホモの素質のある男性に対して強烈な魅了の魔術を発動する。対魔力や抗魔力で回避可能。

【宝具】
『挿入れ射精す男交の槍(ゲイ・ボルグ)』
 ランク:C+ 種別:対人宝具 レンジ:1 最大捕捉:1人

ランサーの股間の槍、某青タイツは関係ない。
リーチはあくまでイチモツの範囲だが、攻撃や防御にも使える。何せ硬いので。
ただし女相手では萎える。


『お前俺のケツの中でションベンしろ(アヴァロン)』
ランク:B 種別:結界宝具 レンジ― 防御対象:1人

ランサーのお尻の鞘、某腹ペコ王は関係ない。
展開すれば、ランサーの肛門が全ての攻撃を吸い込む。
ただしランサーの肛門の限界がくると、ダメージが全て本人に返ってくるうえ痔になるかもしれないので多用は禁物である。

【weapon】
いい男の肉体

【人物背景】
自動車修理工であり、公園でノンケでも構わず食っちまういい男。

【サーヴァントとしての願い】
いい男達とヤりたい。
余談だがマスターもいい男が良いと望んでいたが、まさかの女で若干イライラ。

【基本戦術、方針、運用法】
男が相手ならば『挿入れ射精す男交の槍』をフル活用してヤるが、女の場合は己の肉体で殴る。


【マスター】
ファサリナ@ガン×ソード

【参加方法】
「幸せの時」計画で行動していた際、何処かで『ゴフェルの木片』を入手した為、参加。

【マスターとしての願い】
同志(カギ爪の男)の夢を叶える。

【weapon】
ファサリナの槍、特殊な材質で出来ており紙のようにも布のようにも硬度を変えられる。非戦闘時は足に巻いてある。

【能力・技能】。
人の感情の裏をついて動揺させる話術とそれを活かした戦い方をする。
更に童貞を懐柔するのが得意。あとエロい。

【人物背景】
アニメ『ガン×ソード』のラスボスであるカギ爪の男の狂信的な心酔者。
心の奥底まで一緒でありたいという思いが非常に強い。
オリジナル7の一人でもあり、ヨロイ(ようはロボット)「ダリア・オブ・ウェンズデイ」の操縦者。
原作でもカギ爪の男の為に動いており、それはここでも同じ。
参戦時期は、少なくともカギ爪の男の夢が頓挫したと悟った以降。

【方針】
聖杯戦争を勝ち抜く。
とはいえ無闇に襲いまくるのではなく、お友達や情報を集めカギ爪の男の考えを広めたい。