※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

健全ロボダイミダラー 第X話 悲劇! 生徒会副会長の真実! ◆TAEv0TJMEI


「おおおおおお、あァァァんまりだァァアァああああああああ!!」

真玉橋孝一は号泣していた。
地に膝をつき、時に頭を垂れ、時に天を仰ぐ。
悔しさのあまりに何度も何度も床を拳で叩きながら、この世の理不尽、救いのなさにただただ涙を流していた。
あんまりだ、あんまり過ぎる。
こんな、こんな悲しいことがあっていいのか。
否、あっていいはずがない、あっていいはずがないのだ!
しかし、どれだけ孝一が嘆き悲しもうとも、憤怒の叫びをあげようとも、厳然たる事実としてその壁は彼の前に立ちふさがっていた。
絶望的な壁だった。
あまりにも絶望的な壁だった。
略して絶壁。
ではいかにして真玉橋孝一はこの絶壁へと行き当たったのか。
時は数分前へと遡る。


   ◆   ◆   ◆



正午の定時報告を受けたところで孝一が特に思うことは何もなかった。
28人のマスター、B-4地域での重大なルール違反、日常を脅かす行為。
これらの事態をセイバーは深刻に受け止めていたが、孝一からすればへー、そんなもんか、程度のものだった。
ペンギン帝国との戦いはペンギンロボとの戦いであり、非日常極まりない日常だったからだ。
マスターの数にしても空を覆い尽くすほどのダイミダラー3型と戦った後ではいまいち多いとは思えなかった。
戦いを甘く見ているわけではない。
これでも真玉橋孝一は偶然に助けられなければ死んでいたこともあったほど、なんだかんだで過酷な戦いを生き抜いた猛者だ。
ただ、これまでは敵も味方も正面切ってロボでドンパチしてきただけに、現状の日常の裏で進む聖杯戦争がいまいちピンとこないのだ。

まあとりあえずは帰ったら新しいエロ本を手土産にウェイバーと話し合ってみるかなあ。
いつもみたいに学校を抜けだして今すぐ突撃しに行ってもいいが、ウェイバーは確か英会話塾でバイトしていたはずだ。
この時間に訪ねても会えるとは限らないし、それならかったるいが学校が終わってからにすっかー。
そんな風に適当に考えつつ、スカートを捲ったりしながらだらだらと授業を受け、気がつけば5時間目も終わっていた。

「ふあ~あ。退屈だぜ……」

実際にはこの学園内でもマスター同士の探りあいなど事は進んでいたのだが、生憎、孝一が知るはずもなく。
セイバーもまた策謀を張るのにも見抜き対処するにも縁遠いある意味セイバーらしい英雄だったため彼ら視点では平和そのものだった。

「真玉橋孝一だな?」

だからその女が孝一の前に現れた時も後の悲劇が想像できなかったのだ。

「あー……誰だ、あんた?」

第一印象は胸のちっせえ女だった。
セイバーの聖人おっぱいはもとより、平均的な女子高生のおっぱいに比べても明らかに小さい。
というか平だ。どこまでも平らだ。違和感さえ覚えるくらいに平らである。

「一応これでもこの学園の生徒会副会長なんだがな」
「生徒会? 一成のご同僚かい。で、その副会長様が何の用で」

ただし全く性的でないわけではない。
確かにおっぱいこそ残念だが、こうこいつの腰というか尻は中々にエロい。
そもそもセイバーの聖人おっぱいを堪能してしまった今、普通のおっぱいでは早々満足できないだろう。
それならここは一つ、スカートめくりついでに尻を揉んでおくのも悪くはない。

「はあ。本当に一成の言うとおりなんだな。
 一成からも言われたと思うが、校則違反だ、制服の校則違反。
 加えて女子からスカートめくりの苦情もいっぱいきてるんだよ」
「いいだろが、別にめくられて減るもんじゃねえし。これも世界平和のためだと思ってよ!」
「なんで世界平和になるんだよ。あー、これは確かに私向きの物件というか、でもあんまり素直には認めたくないんだがなあ」

何やら女がわけのわからないことをぶつぶつとつぶやきだしたが、世界平和のためというのは嘘ではない。
セイバーのおっぱいは確かに天上の逸物だが、孝一にはかつて後先を考えずに楚南恭子のおっぱいを揉みしだいて飽きてしまったことがある。
あの時は禁欲することによるリビドーの爆発で乗り切ったが、あれはチャージにかなりの日数を要するため、そういつでも使えるものではないのだ。
なら、そうそうないとはいえセイバーの胸に飽きたりしないよう、セイバーの胸を揉む以外のエロいことも間に挟むべきなのだ!

「つうわけでだ! てめええもめくらせろおおお! 必殺スカート指めく「させるか馬鹿が!」」
「なん、だと!?」

だというのに世界平和への貴重な一歩は無慈悲な両手に阻まれる。
この女、あろうことかこちらの手を掴んで完全防御しやがったのだ。

「く、てめえ、なんてことしやがる! 世界の敵か!」
「なんか似たようなことをよく言われるが、今この状況でそれ言われるのは理不尽だ!
 というかそうそう何度も下着をさらされて堪るか!」
「何度も!? あるのか、何度も下着を晒したことが!?」
「あ、ちょっと待て、今の無し、無しだからな!」
「くそ、痴女なら下着を見せてくれたっていいだろ! 俺にも見せろ、尻揉ませろ!」
「ちょ、尻は初めてだから!」

なんとかしてスカートをめくろうと手をわきわきさせ、鼻息あらく掴みかかるも、その一手一手が正確に潰されていく。
いかにもな外見に反して孝一はHi-ERo粒子抜きでは悲しいかな、それはもう弱いのだ。
加えて、相手はやけに慣れた手つきでスカートめくりを妨害してくる。
まるでスカートめくりなんて生易しい、自分はもっとひどい目にあったんだからな!と言わんばかりのその対応に、いつしか孝一はマジになっていた。
こうなりゃ仕方がねえ! 貧乳は趣味じゃねえが、もとよりスカートめくりよりも乳揉みこそが本領だ。
それにどうにもあの胸には引っ掛かりを感じる。
意外と実はサラシを巻いていましたというオチで、巨乳だったというオチもありえるかもしれない。

「へっ、そういうことなら揉んでみるしかねえよなああ! ひっさああっつ! スカート指――と見せかけて胸ー!」
「し、しまったああ!」

――そして、希望へと手を伸ばしたはずの孝一の両手は何も掴むこと無く空を切った。

「……は?」

呆然と引き戻した己の手を見る。
い、いや、ちょっと待て、たしかに、確かに俺は今胸を揉もうとしたはずだ。
間違いない、今までのようにかわされたわけではなく、揉んだはずだ。
それなのにこれはなんだ。この手に宿る感触は何だ!?

「嘘、だろ……」

何かの間違いだったと言い聞かせたいがために、再び生徒会長の胸に手を這わす。
あれだけ抵抗していたはずの副会長がどこか諦めた顔で無抵抗な意味も、今の孝一には思い至らない。
ただ無我夢中でおっぱいを揉みしだこうとし、しかし揉めない、揉むことができない。
押せども、押せども返ってくるのは虚しい胸板の感触ばかり。

「馬鹿な、そんな、そんな馬鹿な……」

おっぱいマイスターは伊達ではない。
孝一はおっぱいへの情熱だけでなく、その年に見合わぬだけの乳揉みの技術と何よりも経験がある。
おっぱいの何たるかを、その手が、その魂が知っている。
知っているが故にその残酷な事実に気づいてしまった。

「おっぱいが……ない?」

貧乳なんてものではない。
無いのだ。無いものは、孝一といえども掴めない。
果たしてそんなことがありえるのか。否、ありえることはおっぱい星人である孝一は知っている。
その事実から目を逸らす。そうであって欲しくないと願うがために現実に背を向けようとする。

「ま、まさか男!? 俺は男の尻に欲情しちまったってことか!?」
「――女だよ、正真正銘の」
(……マスター、彼女の言うことに間違いはないと思います。少なくとも彼女は性別を“偽装”していません)

だがその甘えは許されなかった。
本人の言だけでなく、“偽装”のプロであるセイバーがそう云うのだ、副会長は女性なのだろう。
何よりもセイバーのどこか痛ましい声が、彼女が、孝一と同じ答えと辿り着いてしまったことを如実に表している。
おっぱいは女性なら誰しもに与えられた明日への希望だ。
それがないというのなら、それは、

「まあバレてしまったなら仕方ない、か。あまり公にはしないでくれ。色々あって、その、な」

彼女がおっぱいを失ったということだ。


   ◆   ◆   ◆



(しまった、この反応は想定外だった)

人目もはばからず嘆き悲しむ孝一を前に副会長――正純は少し困っていた。
見ぬかれた通り彼女におっぱいはなかった。
生まれつき、ということではない。自らの意思で正純はおっぱいを削ったのだ。

(とはいえ事情を説明するわけにはいかないからなー)

正純がおっぱいを自ら削ったのは彼女たちの生きる時代で行われている歴史再現と襲名のためだ。
歴史再現とは歴史上の人物や行い、事件を再現し辿っていくことで諸々の事情で衰退していた人類を再び繁栄させる計画だ。
その一環として正純はそのものずばり“本多正純”という歴史上の人物を襲名しようとした。
襲名は誰にでもできるわけでなく、その為に正純は少しでも襲名できる可能性を増やそうと元となった“本多正純”の性別に合わせようと男性化手術を受けていた。
が、これまた色々お上の事情もあって正純は襲名に失敗。手術も途中で取りやめとなり、胸を削るだけに留まったのだ。

(私はもう気にしてはいないんだけどなあ)

かつては一人、昔を思い出し泣いたこともあった。
胸を戻すことはできない以上、襲名とは関係なしに男性化手術を受けるのもありかとさえ思っていた。
それが今、こうして、真玉橋孝一相手に女だと言い切れたのは、とある馬鹿が不可能を受け止めてくれたからだ。
こんな身体の自分でも、結婚出来て、子どもを産めて、産んだ子どもをちゃんと育てれて、そして子どもに好いてもらえると、そんな可能の力をもらえたからだ。
だから本当の本当に、もうなんてことはないのだが、まさか赤の他人にここまで悲しまれてしまうとは。

(スケベだが悪いやつではないみたいだな)

あの馬鹿のおかげで貧乳政治家として大々的に受け入れられるまで、正純の身体のことを知った人々はこちらを避けたり、変な気遣いをしてくるのが常だった。
政敵に身体のことを突かれてあわや交渉で負けかけたこともある。
こうも真っ直ぐに我がことのように嘆き悲しまれるというのは、逆に新鮮でさえあった。

(うーん、だがこれはどうなんだ?)

実は正純がこうして孝一に接触したのは、女子生徒の苦情を受けてや、衆道的なあらぬ噂を立てられた一成の代わりに、とういうだけではなかった。
自分でさえ武蔵アリアダスト教導院の制服ではなく、支給された月見原学園の制服に身を包む中、一人違う制服に身を包んでいること。
ライダーの報告にあった人畜問わずいちゃつかせ、発情させる公園と、セクハラ犯である孝一に関わりがあるのかどうか。
そして何より、スケベで変態な点がこちら側っぽくて気になり、会ってみたのだ。

実際に会ってみた真玉橋孝一は特におかしな点はなかった。
というかこっちのおっぱいや尻しか見ていなかった。
流石に聖杯戦争に関わってるのではと考えるのはこじつけすぎただろうか。
正純がそう判断しかけた時だった。

「うおおおおおおおおおおおおお!」

ひときわ大きな声を上げ、真玉橋孝一が先ほどまでとは明らかに違う感じ入るような涙を流し始めたのは。


   ◆   ◆   ◆


孝一とて知っていた。
この世にはそういう不幸もあるということを。
時に病で、時に怪我で、時に性別に関わることで、人はおっぱいとの別れを余儀なくされることを知っていた。
知っていて尚、孝一は、そのことに目を向けず、そこにあるおっぱいで満足していた。
だがそんな自分は果たして真におっぱいを愛していると言えたのだろうか。
歴史の裏で犠牲になっていくおっぱいたちに目を向けず、そこにあるおっぱいを享受するだけだった自分はおっぱいに誇れる自分だっただろうか。
その結果がこのザマだ。
目が覚めた気分だった。
今まで知識としてだけ知っていたこと。それがこんなにも悲しいことだったのだと心で知ることができたのだから。

分かってる、分かっているのだ。
彼女たちも何も望んでおっぱいを犠牲にしているわけではないのだ。
おっぱいを捨てなければ幸せになれない。だからこそ泣く泣くおっぱいに別れを告げたのだ。
でもあんまりじゃないか。
おっぱいを犠牲にしないと救われないだなんて。
おっぱいの犠牲の上に成り立つ救いだなんて。
そんなのは救われなさ過ぎる!

(セイバー! お前の願いは何だ!? お前が冠した魔法名は何だ!?)
(す、救われぬ者に救いの手を“Salvare000”ですが……)

救われぬものに救いの手を――。
ああ、それはなんと尊い願いだろうか。
今なら分かる、真に分かる。この願いの尊さが。

「うおおおおおおおおおおおおお!」
「お、おい、真玉橋孝一、その、なんだ、大丈夫か? 主に頭が」

こちらを心配してだろう、副会長が話しかけてくる。
でも違うのだ。その言葉はこちらがかけてやらないといけないのだ。
大丈夫だ、もう、大丈夫なのだ。
救われぬものに救いの手を――。
そうだ、そうとも、彼女たちを救うために犠牲になったおっぱいを、救われぬものたちを、俺が、俺たちが救うのだ!
誰かを救うために、おっぱいが犠牲にならなきゃいけないなんて残酷な法則があるなら、まずはそのふざけ幻想をぶちころす!!

「副会長! 俺が、俺たちが、あんたも、おっぱいも救ってみせるぜ!
 だから待っていてくれ! 全人類がおっぱいを揉める世界を、あんたのおっぱいを俺もあんたも揉める世界を!」
「あ、あー? えーっと、その、頑張れよ?」

そうと決めたからにはこうしちゃいられないと副会長に背を向け走りだす。
ウェイバーと合流するなり、敵マスターを探すなりやることは盛り沢山だ。
全てはそう――



救われぬ乳に救いの手を(Salvareπππ)!!!



【C-3/月海原学園/一日目 午後】
【真玉橋孝一@健全ロボ ダイミダラー】
[状態]健康、乳のためとやる気出た
[令呪]残り2画
[装備]学生服(月海原学園の制服に手を加えたもの、旧制服に酷似しているらしい)
[道具]学生鞄、エロ本等のエロ目的のもの
[所持金]通学に困らない程度(仕送りによる生計)
[思考・状況]
基本行動方針:優勝狙い。救われぬ乳に救いの手を
1.敵マスターを探すなり、ウェイバーたちと合流して話し合ってみるなりとにかく動かずにはいられない。
[備考]
※バーサーカー(デッドプール)とそのマスター・ウェイバーを把握しました。正純がマスターだとは気づいていません。

【セイバー(神裂火織)@とある魔術の禁書目録】
[状態]健康 
[装備]なし
[道具]なし
[思考・状況]
基本行動方針:優勝狙い
0.あの、間違ってはないですが、そういう意味ではなく、はぁ、もういいです
1.マスター(考一)の指示に従い行動する
2.バーサーカー(デッドプール)に関してはあまり信用しない
[備考]
※バーサーカー(デッドプール)とそのマスター・ウェイバーを把握しました。正純がマスターだとは気づいていません。

【本多・正純@境界線上のホライゾン】
[状態]まだ空腹
[令呪]残り三画
[装備]学生服(月見原学園)、ツキノワ
[道具]学生鞄、各種学業用品
[所持金]さらに極貧
[思考・状況]
基本行動方針:他参加者と交渉することで聖杯戦争を解釈し、聖杯とも交渉し、場合によっては聖杯と戦争し、失われようとする命を救う。
0.何だったんだ、結局あいつは
1.シャア候補との交渉に備えて彼の過去の演説に当たるなどして準備する。
2.マスターを捜索し、交渉を行う。その為の情報収集も同時に行う。
3.聖杯戦争についての情報を集める。
4.可能ならば、魔力不足を解決する方法も探したい。
5.小等部を無断欠席中の遠坂凛の家に連絡くらい入れるのもありか。

※少佐から送られてきた資料データである程度の目立つ事件は把握しています。
※武蔵住民かつ戦争に関わるものとして、少女(雷)に朧気ながら武蔵(戦艦及び統括する自動人形)に近いものを感じ取っています。
※アーカードがこの『方舟』内に居る可能性が極めて高いと知りました。
※孝一を気になるところのある武蔵寄りのノリの人間と捉えましたがマスターとは断定できていません。




BACK NEXT
089:バカばっか 投下順 091:ひとりぼっち
089:バカばっか 時系列順 091:ひとりぼっち

BACK 登場キャラ:追跡表 NEXT
071:days/only illusion 真玉橋孝一&セイバー(神裂火織 100:くだらぬ三文劇
082:最初の使者 本多・正純 113-a:角笛(届かず)