Runaway ◆qB2O9LoFeA



月海原学園は『方舟』内に現実にあるかのように造られたデータであるが、だからこそ現実の学校のように学校関係者以外の様々な人間が出入りする。

マイケル・スコフィールドはその日建築会社の社員として学校を訪れていた。高級スーツに身を包んだ青い目の外人は奇異に映るのだろう。生徒達が興味深そうに話している声が聞こえたが、彼の目はそちらへは向かわず学校の設計を観察していた。


――ある日、ある建築会社に月海原学園から相談があった。なんでも不審者対策に監視カメラを増設したいという。その打ち合わせに訪れたのが彼、マイケルである――


校舎をしばらく観察していたマイケルはややあって職員室へと向かった。
出迎えた教師への挨拶もそこそこに実際に工事の現場へと案内するよう促す。あまり時間をかけるわけにはいかない。既にここは聖杯戦争の戦場である。

「まずは配線を確認してみたいのですが、よろしいでしょうか?」
そうハリウッドスター顔負けの彼に見つめられて、その女性教師は直ぐに用務員を呼びいった。

その背を見送りながらマイケルは「やれるか、アーチャー。」と呟く。
「勿論デスマスター。」と答えながら、まるでそこに始めからいたかのようにサングラスの男が現れた。

白髪混じりの顔にサングラス、そしてコート。
マイケルのサーヴァントであるアーチャーである。

「ココナラ私ノ宝具ヲ効果的ニ使エマス。他ノマスターヲ殺スノハ簡単デス。」
「頼むぞ。」
そう短くマイケルは答えるとアーチャーを霊体化させる。そして用務員を連れて戻ってきた教師ににこやかに応対すると借りた道具で配線を調べ始めた。


当然だが、マイケルの目的は工事をすることではない。
彼が欲しかったのは配線に触れるチャンスだ。
アーチャーの宝具は監視カメラやレーダーなどを用いたときに効果を発揮する。そのためには回線のジャックやキャスタークラスのサーヴァントのサポートが欠かせない。
幸い、彼の現在の職業は建築会社の社員――記憶が戻ったとき皮肉かと思った――。他の業種に比べればいくらかはチャンスに恵まれていた。

「なんとかするしかないか‥‥いや。」
顔を曇らせながらマイケルはため息を吐く。監視カメラの映像をジャックできないかと考えていたが、予想以上に困難であった。今のままではアーチャーのサポートも情報収集――特に欲しいのは陣地作成のスキルを持ったキャスター――も行えないだろう。
だが、おあつらえむけに彼の会社に監視カメラの工事を発注しようと学園はしている。工事のためといってうまく仕込めばカメラに細工することは可能かもしれない。

そのためにもまずは工事を受注すべく交渉を行わなければならない。
聖杯戦争中に営業マンとして働くことになるとは思わなかったが聖杯への回り道だと考えて、道具を用務員に返すと職員室へ向かう。

(アーチャーとなら逃げるだけなら問題ない)
歩きながらマイケルは考える。この聖杯戦争をどうすれば勝ち残れるかを。

彼のサーヴァント――ワイルド・ドックと。




【マスター】
マイケル・スコフィールド@PRISON BREAKシリーズ

【参加方法】
SEASON2終了時の桟橋がゴフェルの木片でできていた。

【マスターとしての願い】
リンカーンとプエルトリコに移住。
過去も変えれるならそもそも事件を起こらなかったことにしたい。

【weapon】
なし。

【能力・技能】
  • 上半身の刺青。
フォックスリバー刑務所から脱獄するために使った。
  • 逃走術
瞬発力と持久力はどちらも一級品。
  • 潜在制止の機能障害
頭に入る情報を制限できない。
知能が低い場合は注意力の散漫やストレスから精神の障害を引き起こすが、IQ200を越えるマイケルは情報を処理しきることでひらめきや逆転の一手を思いつくことができる。
ただし、脳を酷使する。

【人物背景】
アメリカ副大統領の弟を射殺した容疑で逮捕され、死刑判決を受けたリンカーン・バローズの弟。
兄リンカーンの無実を信じ、死刑執行から救い出す為に自らフォックスリバー刑務所へ収監。そこで兄弟と他の受刑者と共に脱獄するも、いろいろあって別の刑務所に入れられる。
本当はそのあともまた脱獄したり巨悪と戦ったりヒロインを脱獄させようとしたりするが今回は二度目の収監の前からの参戦。

【方針】
もちろん優勝狙いだが、アーチャーはいまいち頼りないので仲間が欲しい。
今は学校の監視カメラを利用して情報収集とアーチャーを支援するためにしばらく会社員として働く。他のサーヴァントの影を見たら直ぐに逃げて潜伏。

※令呪は刺青に紛れてますが色合いが違うのでバレます。



【クラス】
アーチャー

【真名】
ワイルド・ドック@TIME CRISISシリーズ

【パラメーター】
筋力C 耐久C+ 敏捷D 魔力E 幸運D
宝具E

【属性】
混沌・悪

【クラススキル】
対魔力:-
無効化はできない。ダメージ数値を多少軽減する。
単独行動:E(A)
マスター不在・魔力供給なしでも長 時間現界していられる能力。
マスターがいる場合はEランク相当だが、マスターがいない場合Aランクになり1週間は現界が可能。

【保有スキル】
爆破:A
戦闘から離脱する能力。
マスターが死亡している場合のみ効果があり、逃走できる可能性が圧倒的に上がる。
戦闘続行:C
往生際が悪い。
瀕死の傷でも戦闘を可能とし、致命傷を受けない限り生き延びる。
自己改造:E
自信の肉体に、全く別の肉体を付属・融合させる適性。
このランクが上がればあがるほど、正純の英霊から遠ざかっていく。
アーチャーは左手の義手に限り機械的に改造することが可能。火炎放射器とかトラクタービームとか。

【宝具】
『野犬、見果てぬ野望(タイム・クライシス)』
ランク:E- 種別:対人宝具 レンジ:100 最大捕捉:2
自身の名を冠した武装集団『ワイルド・ドック』を召喚する。
呼び出せるのは以下のとおり。
『通常兵』ピストル装備。最大100名。
『エリート兵』ピストル装備。最大25名。
『近接兵』鈍器装備。最大50名。
『ナイフ兵』ナイフ装備。最大50名。
『手榴弾兵』手榴弾装備。最大50名。
『マシンガン兵』マシンガン装備。最大30名。
『バズーカ兵』バズーカ装備。最大30名
『盾兵』盾装備。最大20名。
『忍者兵』忍者ブレード装備。最大10名。
『コピー兵』発動時のワイルド・ドックの装備と同じ。5名。
召喚する『ワイルド・ドック』の種類は組み合わせることができる(『通常兵』80名+『エリート兵』5名など)。
召喚した『ワイルド・ドック』はあらかじめ決められた行動しかとれず、また神秘がないため霊体化ができずサーヴァントを傷つけることもできない。
なお、通常時は隠れているマスターを相手にして一分あれば殺害できるようなフォーメーションになっている。

【Weapon】
『無銘・ガトリング』
左手の義手から7.62mm弾をばら蒔く。リロードの必要はない。
『無銘・モーゼルC96』
いわゆる拳銃。異様な連射性を誇る。本当に拳銃なんだろうか。
他に手榴弾など。

【人物背景】
武装集団『ワイルド・ドック』のボス。
20世紀末からクーデターやらテロやらいろいろ暗躍するがその度に雇い主が死ぬ。
別な裏切ったわけでもなくけっこう忠誠もあるほうだが、死ぬ。

【聖杯への願い】
世界征服?

【基本戦術、方針、運用法】
宝具と共に相手マスターを狙う。
監視カメラなどで相手マスターの位置を確認して数で攻め立てるのがセオリー。
問題は相手サーヴァントだが、ワイルド・ドックのガトリングで弾幕を張って牽制するのがやっと。
基本的にはキャスタークラスと組んで防衛戦に撤したい。
また、武器や乗り物を調達すれば『ワイルド・ドック』の戦力が向上する。
‥‥もっとも彼のマスターになった次点でほぼ敗北は運命づけられている。しかも本人は逃げ延びるし。