【クラス】

ルーラー

【真名】

ジャンヌ・ダルク@Fate/Apocrypha

【パラメーター】

筋力B 耐久B 敏捷A 魔力A 幸運C 宝具A++

【属性】

 秩序・善

【クラススキル】

対魔力:EX
 セイバーの対魔力に加え、揺るぎない信仰心によって高い抗魔力を発揮する。
 ただし、魔術を逸らして(かわして)いるだけなので、広範囲魔術攻撃の場合、助かるのはジャンヌだけである。
 教会の秘蹟には対応しない。

真名看破:B
 ルーラーとして召喚されると、直接遭遇した全てのサーヴァントの真名及びステータス情報が自動的に明かされる。
 ただし、隠蔽能力を持つサーヴァントに対しては、幸運値の判定が必要になる。

神明裁決:A
 ルーラーとしての最高特権。
 聖杯戦争に参加した全サーヴァントに二回令呪を行使することができる。
 他のサーヴァント用の令呪を転用することは不可。

【保有スキル】

啓示:A
 “直感”と同等のスキル。
 直感は戦闘における第六感だが、“啓示”は目標の達成に関する事象全て(例えば旅の途中で最適の道を選ぶ)に適応する。
 根拠がない(と本人には思える)ため、他者にうまく説明できない。

カリスマ:C  
 軍団を指揮する天性の才能。
 戦場で旗を掲げ突撃に参加するジャンヌの姿は、兵士の士気を極限まで高め、軍を一体のものとする。
 彼女はカリスマのおかげで根拠のない“啓示”の内容を他者に信じさせることが出来る。

聖人:B
 聖人として認定された者であることを表す。
 聖人の能力はサーヴァントとして召喚された時に
 “秘蹟の効果上昇”、“HP自動回復”、“カリスマを1ランクアップ”、“聖骸布の作成が可能”
 から、ひとつ選択される。

【宝具】

『紅蓮の聖女(ラ・ピュセル)』

ランク:C(発現前) EX(発現後) 種別:特攻宝具 レンジ:??? 最大捕捉:???
 “主よ、この身を委ねます――――”という辞世の句を発動の呪文とし、炎を発現させる聖剣。
 ジャンヌの火炙りを攻撃的に解釈した概念結晶武装。
 固有結界の亜種であり、心象風景を剣として結晶化したもの。
 この剣は英霊ジャンヌ・ダルクそのものであり、宝具を発現させると戦闘後、ジャンヌは消滅する。

『我が神はここにありて(リュミノジテ・エテルネッル)』

ランク:A 種別:結界宝具 レンジ:1~10 最大捕捉:???
 生前、ジャンヌが振っていた聖旗が宝具となったもの。
 この旗を中心とする10レンジ内部を天使の祝福によって守護するもの。
 規格外(EX)とされるジャンヌの対魔力を、そのまま物理的な防御力として行使することが可能。
 ただし、旗を構えている間ジャンヌは一切の攻撃が不可能になる。
 また旗そのものにはダメージが蓄積していくため、濫用すると使い物にならなくなる。

【weapon】


【extra】

ルーラーとしての能力

自身の半径十キロ圏内に及ぶ強力な索敵能力。
気配遮断スキルさえも見破る聖水を用いたサーヴァントの探索機能。
全てのサーヴァントに対応した令呪。一騎につき二画まで使用可能。

【人物背景】

『月を望む聖杯戦争』のルーラー(裁定者)として召還された英霊。
カレン・オルテンシアと共に裁定者として聖杯戦争を管理する権限を持つ存在。
真名はフランスの百年戦争の英雄、カトリックの聖女ジャンヌ・ダルク。
オルレアンの乙女(ラ・ピュセル)と呼ばれた救国の英雄である。
信心深く清廉で善良な少女。中立のサーヴァントとして振る舞うときは規律を第一とし、
たとえ身に危険が迫るときも公明正大であろうとする高潔な精神を持つ。




登場話一覧

+ ...