【クラス】

キャスター

【真名】

シアン・シンジョーネ

【出典】

パワプロクンポケット12 銀の盾編

【性別】

女性

【属性】

秩序・悪

【パラメーター】

筋力:E 耐久:C 敏捷:D 魔力:B 幸運:E 宝具:B+

【クラススキル】

陣地作成:B+
 宝具『浮遊城』以外にもマナラインを誘導することで工房を作ることが可能。

道具作成:E
 単純な呪術のマジックアイテムなら作成可能。

【保有スキル】
自己改造:A
 自らを構成する蟲を使って『蟲毒』を行い、より強い毒と呪いを持った蟲を作ることが可能。
 また、シアンという存在の『怨み』が増すことによって蟲そのものも強化される。

自己保存:A
 人の肉を喰らう蟲を自らの支配下に置くことが可能。
 その蟲は自身そのものであるため、ほぼ不死身に近い。

呪術:C
 蟲を媒体に呪いをかけることが可能。

【宝具】

『屍肉を漂う蟲(レブナント)』

ランク:C 種別:対人宝具 レンジ:1 最大補足:1個
 約ニ七○万匹の蟲の集合体であり、シアン・シンジョーネそのもの。
 一匹一匹がシアンであり、全てがシアンの意思によって統一されている。
 人の肉を喰らう蟲によって構成されている。
 一匹でも生き残れば(戦闘能力はともかく)シアンは生きているということになる。
 また、二十年で数千匹から約ニ七○万匹まで増やしたため、ほぼ不死身に近い。

『浮遊城』

ランク:B+ 種別:対城宝具 レンジ:1~99 最大補足:1000人
 空に浮かぶ城。
 大地に流れるマナラインを使い、空に浮かび魔力を蓄えることが出来る。
 また、大地に流れる魔力の流れを詳細に把握することが出来る。
 起動自体にも豊富な魔力が必要であるが、起動した場合には大地のマナからそれを超える魔力を貯蔵することが出来る。
 また、『浮遊』の術式を破壊することでそれ自体が巨大な質量である浮遊城を落下させることも可能。

『魔王』

ランク:A++ 種別:対城宝具 レンジ:1~99 最大補足:1000人
 魔王を生誕させる宝具、形として球状の器である『魔王の魂』としてシアンが所持している。
 『魔王の魂』『魔王城跡』『莫大な魔力』『魔法陣の作成』が必要不可欠。
 元々、浮遊城自体は魔王召喚のために必要な魔王城の跡と見つけるためのものだった。
 故に、逸話の再現通り宝具の『浮遊城』を展開することで『魔王城跡』を見つける(生み出す)必要がある。
 宝具が展開された場合、唯一無二の幻想種である『魔王』と居城である悪質なマナを撒き散らし人々を魔物へと変化させる『魔王城』が誕生する。

【weapon】


【人物背景】

普通の少女であったが、国家の給金の不払いに恨みを持った傭兵による報復で住んでいた村が襲撃を受けた。
当日結婚式の真っ最中であったシアンは村人全員を皆殺しにされ、さらに自身は生きたまま蟲に喰われ死に至った。
その際の強い怨念が蟲に移り、人間としてのシアンは死にレブナントとしてのシアンが生まれた。
蟲はねずみ算式に増えるため、不死身に近い。
人間社会に強い怨恨を抱いており、同時にそれを統一された社会へと正すことを目的としている。

【サーヴァントとしての願い】

魔王、あるいは強大な力を持つものを誕生させ、その力で世界を統一させる。

【基本戦術、方針、運用法】

基本的な戦闘スタイルは蟲による毒と呪いでの攻撃。
火力は圧倒的に低いが、斬撃や銃撃、打撃に対する耐久力は優れている。
陣地作成のスキルを持っているため、地脈に眠る魔力を弄ることもできる。




登場話一覧

+ ...