※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【マスター】

武智 乙哉(たけち おとや)

【出典】

悪魔のリドル

【参加方法】

ムーンセルによる召還。
どこかでゴフェルの木片を入手している筈なのだが自覚無し。

【マスターの願い】

どれだけ犯罪を犯しても罪に問われず、一生安心して殺人を続けられる権利を得る。
本人曰く「シリアルキラー保険」。

【weapon】

ハサミ(腰のポーチに複数本収納している)

【能力・技能】

快楽殺人者。異能の力は持たないが刃物の扱いに長ける。
主に犯行に使用するのはハサミだが、ノコギリ二刀流やククリナイフも問題なく扱えている。
身体能力・戦闘センス共に優秀であり戦闘力は暗殺者にも引けを取らない。
ただし肉体的には常人の域を越えていない。
標的を謀略によって拉致する等狡猾な一面も持つ。

【人物背景】

ミョウジョウ学園10年黒組の生徒。出席番号8番。声優は沼倉愛美。
(10年黒組は特別な時期にのみ開講されるクラス。留学生の名目で暗殺者達が集い、標的となる生徒の暗殺に成功した者に望みの報酬が与えられる)
身長は165センチ。生け花が得意でハサミを器用に操る。
一見快活で明るい性格だが、その本性は快楽殺人者であり「21世紀の切り裂きジャック」と称されるシリアルキラー。
刑事に追われて半ば逃げ込むように黒組に参加した経緯があり、希望する暗殺報酬は一生安心して殺人を続けられる「シリアルキラー保険」。
殺人にはハサミを用いており、女性を生きたまま切り刻んで殺害することを好む。
黒組のルールが伝えられた後に一番乗りで暗殺に乗り出し、植物園にて標的である一ノ瀬晴を呼び出し殺害しようと試みる。
しかし暗殺者である東兎角の妨害、晴の機転によって敗北。強制退学となり、黒組最初の脱落者となった。
脱落後は刑務所に収監されていたが、第10話にて晴に対する執着心から脱獄。
金星寮に忍び込んで晴の命を狙おうとしたところで鉢合わせた黒組生徒の英純恋子に拘束され、彼女が主催するお茶会に強制参加させられる。
兎角と純恋子の交戦中に自力で拘束を解いて純恋子の左腕を負傷させるも返り討ちに遭い、
さらに鳰に見つかって再度の退場となり、再び刑務所に収監された。
アニメ最終話では何年か後の仮釈放の日を夢見て、大人しく雑役に勤しむ姿が描かれている。

【方針】

主にアサシンを利用した闇討ちや奇襲、漁父の利狙い。
可能ならば自身が動いてマスターの暗殺を行う。
ただし魔術などの異能に関しては極力警戒。引き際は必ず見極める。
自身の魔力不足を補う為、サーヴァントに魂喰いをさせる。
余裕があったら魂喰いさせる前にNPCで遊ぶ。やるなら女性がいい。
無論、時には休息も取る。状況次第で行動や方針は臨機応変に。

【令呪】

位置は右手の甲。歪に湾曲した刃が翼の如く縦三つに並んでいる。
それらの刃は死神の大鎌、あるいは蜘蛛の牙の様に見える。
大雑把なイメージはPrototypeの第五位・力天使の令呪に近いが、刃を象っているため形状はより禍々しく鋭利。




登場話一覧

+...
No タイトル 登場キャラクター 場所 時間 作者
025 武智乙哉&アサシン 武智乙哉
アサシン(吉良吉影)
◆QyqHxdxfPY
033 新しい朝が来た、戦争の朝だ 武智乙哉&アサシン B-6(南西)/市街地
B-6(南西)/マンション(1F 武智乙哉の住居)
早朝 ◆QyqHxdxfPY
042 鋏とおさげ 暁美ほむら&キャスター
武智乙哉&アサシン
C-3/月海原学園 校舎前
B-6(南西)/マンション(1F 武智乙哉の住居)
午前 ◆MQZCGutBfo
081 そして、もう誰にも頼らないのか? 暁美ほむら&キャスター
武智乙哉&アサシン
C-3/月海原学園
B-6(南西)/マンション(1F 武智乙哉の住居)
午後 ◆IbPU6nWySo
095 吉良吉影/武智乙哉は動かない 武智乙哉&アサシン C-3/月海原学園
B-6(南西)/マンション(1F 武智乙哉の住居)
午後 ◆QyqHxdxfPY
114 days/bugs disillusion
days/knights of holy lance
days/best friend
暁美ほむら&キャスター
ミカサ・アッカーマン&ランサー
キャスター(シアン・シンジョーネ)
シオン・エルトナム・アトラシア&アーチャー
ケイネス・エルメロイ・アーチボルト&キャスター
言峰綺礼&セイバー
武智乙哉&アサシン
C-3/月海原学園
C-4/街中(東)
夕方 ◆Ee.E0P6Y2U