【CLASS】

ランサー

【真名】

ヴラド三世

【パラメーター】

筋力C 耐久C 敏捷B 魔力A 幸運C 宝具B

【属性】

秩序・中庸

【クラススキル】

対魔力:B
 魔術発動における詠唱が三節以下のものを無効化する。
 大魔術、儀礼呪法などを以ってしても、傷つけるのは難しい。

【保有スキル】

護国の鬼将:EX
 あらかじめ地脈を確保しておくことにより、特定の範囲を自らの領土とする。
 この領土内の戦闘において、王であるヴラド三世はバーサーカーのAランク『狂化』に匹敵するほどの高い戦闘力ボーナスを獲得できる。
 『極刑王』はこのスキルで形成した領土内においてのみ、行使可能な宝具である。

【宝具】

『極刑王(カズィクル・ベイ)』

ランク:B 種別:対軍 レンジ:1~99 最大補足:666人
 空間から大量の杭を出現させ、敵を串刺しにする。攻撃範囲は半径1km、杭の数は最大二万本に及ぶ。
 また、手にした槍が敵に一撃を与えるたびに"串刺しにした"概念が生まれ、心臓を起点として外側へ向けて、杭が出現する。
 加えて、無数の杭を目視した敵には精神的な圧迫感も与える。

 ただし『護国の鬼将』で形成した領土の外で使用する際は、自身から杭を生やすことしかできない。

【weapon】

無銘の槍

【人物背景】

ワラキア公国の串刺し公。
祖国の愛と為政者としての責任感を強く抱いており、邪魔する者は身内でも容赦しない。
また手加減を知らず、その尺度は人倫を逸脱しているが故に誤解されやすいが本来の彼は気配りの細かい人格者。
「異教徒でないのなら」敵対しても降伏すれば許すという寛大な面を持つ。

自身がモデルのドラキュラ伝説を書籍や映像で見かけた場合、大人な態度でスルーしようとする。
しかし"うっかり"破壊してしまう。

【サーヴァントとしての願い】

後世において創作された「吸血鬼ドラキュラ」という汚名の抹消。
及び、吸血鬼そのものとなった自分自身と呼べる「怪物」アーカードの召喚・誅滅。

【基本戦術、方針、運用法】

スキルや宝具の関係上、基本的には領土を形成して守りに徹することになる。
マスターが極めて高い戦闘能力を誇るため、『極刑王』の杭・ランサー自身・マスターによる波状攻撃で敵サーヴァントを追い詰める、或いは敵マスターを狩るのが必勝パターン。

聖杯を求める意志は強いが集団戦についてよく理解しているため、一時的に他者と同盟を組むこともあるだろう。
もっとも異教徒との「同盟」は、同じ神を信じる者との同盟と全く異なる意味合いを持つだろうが。

【備考】

宝具『鮮血の伝承(レジェンド・オブ・ドラキュリア)』はスキル:無辜の怪物と共に消滅している。




登場話一覧

+ ...