「Bonjour!(いらっしゃいませ!)シャルモンにようこそ!」

最近巷で話題の人気洋菓子店「シャルモン」に野太い叫びが木霊する。
声の主は凰蓮・ピエール・アルフォンゾ。この店のオーナー兼パティシエであり、一度見たら忘れられない容貌を持つ
心は乙女身体はマッチョメンの40歳である。

お客様に挨拶し、ヒーヒー言いながら働いている茶髪眼鏡の見習いパティシエに喝を入れ
彼は悠々と店の奥の事務室へとその姿を消した。



「どうかしらお嬢ちゃん? ワテクシのgâteau au fromageのお味は?」

誰もいないはずの事務室のテーブルに腰掛けて、夢中でシャルモン特製のチーズケーキを頬張っている銀髪の少女に
凰蓮は自信に満ちた微笑みを浮かべながら声をかける。

「ん……まあまあなのです」
「あら、言ってくれるじゃないの」
凰蓮が入って来たのに気づくと、少女は慌ててがっつくのをやめ
取り澄ました態度をとる。その前のテーブルには、既に5枚のホールケーキの皿が積み重なっていた。

「さて、腹ごしらえはもう宜しくて?
 いよいよ始まるわよ。本当の聖杯戦争が」
「なぎさは何時でも準備完了しているのです。それと――」

言葉を切ると、自分の事をなぎさと呼んだ少女は不満げな顔を凰蓮に向ける。

「なぎさはキャスターのサーヴァントなのです。
 お嬢ちゃんではなくちゃんとキャスターと呼んでほしいのです」
「あらあら、まずは自分で真名を明かす一人称のクセを治したほうがいいんじゃなくて?
 そんなワキの甘さじゃプロ失格よ、mademoiselle(お嬢ちゃん)」

凰蓮に逆に指摘され、キャスターはむぅと頬を膨らませる。
それを見ながら、凰蓮は不敵に笑っていた。

「でも戦闘のプロフェッショナル、魔法少女としての貴女の実力は頼りにしていてよ。キャスター」
「……それは本当なのですか?なぎ……キャスターは三騎士のクラスにはとても戦闘で太刀打ちできないのです」
「戦力不足や不利な状況下でも勝利をものにするのが戦闘のプロというものよ。
 教えてあげるわ!半端な覚悟で戦争に足を踏み入れたアマチュア達に!
 示してあげるわ!鎬を削るに値するワテクシ達と同じプロフェッショナル達に!
 戦いのプロによる聖杯戦争というものを!」

そう言うと喝采を受けるかのように両手を大きく広げ、凰蓮は世界に向けて宣戦する。
戦いの始まりを。

「さぁ、始めますわよ!破壊と暴力のパジェントを!」







「ところでキャスター。貴女、普段はあのヌイグルミの姿で過ごしなさい」
「ベベの姿のことですか?何故そんな事を?」
「決まってるじゃない!あの姿が最高に可愛いからよ!」
「えぇ……」


【CLASS】
キャスター

【真名】
百江なぎさ

【パラメーター】
筋力:D 耐久:D 敏捷:C 魔力:B 幸運:C 宝具:D

【属性】
中立・中庸

【クラススキル】

陣地作成:-
宝具による使い魔召喚を得た代償に陣地作成スキルは失われている。

道具作成:D
魔力を帯びたシャボン玉を撃ちだすラッパを作成可能。

【保有スキル】

戦闘続行:A
ソウルジェムの特性により瀕死の傷でも戦闘を可能とし、致命傷を受けない限り生き延びる。

変身:C
「ベベ」と呼ばれる人形のような姿に変身することができる。
この状態でもある程度の移動や戦闘、また謎言語による会話が可能。

円環の従者:A
円環の女神がある魔法少女を救済する際に従者として同行したことから発生したスキル。
精神汚染・精神干渉を無効化する。

【宝具】
『お菓子の魔女(charlotte)』
ランク:D 種別:対人宝具 レンジ:1~10 最大補足:1

キャスターの魔法少女と魔女との二面性が現れた宝具。
発動させるとキャスターの頭部がベベの顔に似た鋭い牙を持つ魔女へと変わり
目標に噛みついて飲み込んでしまう。食べられたものはキャスターの魔力に変えられる。
また食べたものをシャボン玉にして攻撃に利用することもできる。

『お菓子の魔女の手下(Pyotr)』
ランク:E 種別:対軍宝具 レンジ:1~10 最大捕捉:100人

使い魔Pyotrを複数召喚し、使役することができる。
かわいいが戦闘力はあまりない。

【weapon】
「ソウルジェム」
魂の宝石。魔力の源であり、魔法少女としての証。ソウルジェムが無事である限り肉体が傷ついても死ぬことはない。
ただし本体であるソウルジェムを物理的に破壊される、肉体からソウルジェムを100m以上離した場合は死亡する。

「シャボンラッパ」
魔力の篭った破壊力のあるシャボン玉を撃ち出すラッパ型の銃。

【人物背景】
魔法少女まどか☆マギカに登場する魔法少女・魔女。
魔女の時の名はお菓子の魔女charlotte。テレビ放送3話では名シーンを生み出した。
魔法少女としては映画叛逆の物語で初登場。インキュベーダーによって偽りの世界に囚われた暁美ほむらを救おうとする
円環の女神まどかに、美樹さやかと共に同行した。偽世界内ではベベというマスコットキャラに化けていた。
利発で飄々とした性格で、見た目の割には大人びた話し方をする。チーズが大好き。

【サーヴァントとしての願い】
とりあえずマスターに従う。
それとチーズケーキをもっと食べたい。

【基本戦術、方針、運用法】
基本的にはマスターの命令に従う。




【マスター】
凰蓮・ピエール・アルフォンゾ@仮面ライダー鎧武

【参加方法】
沢芽市でゴフェルの木片に触れた。

【マスターとしての願い】
戦闘のプロとして聖杯戦争で優勝する。

【weapon】
戦極ドライバー&ドリアンロックシード
ユグドラシルコーポレーションによって作られた変身ベルト。
最初に装着した者のみが使用出来る仕様となっているため、凰蓮のベルトは凰蓮にしか使えない。
ドリアンロックシードをはめ込むことで仮面ライダーブラーボへと変身することが出来る。
仮面ライダーブラーボに変身すればランクB相当の戦闘能力を得ることが可能。
しかしあくまでも通常兵器の域を出ないために、サーヴァントの霊体にダメージを追わせる事は出来ない。
ただし、ロックシードのエネルギーをサーヴァントに供給する事は可能である。

【能力・技能】
パティシエとしての実力は確かで、パティシエ修行のためフランスに10年留学し、クープ・デュ・モンド(実在する製菓技術国際大会)で優勝する程の腕前。
またフランス国籍を取得するためにフランスの外人部隊に所属して紛争地帯を転戦した過去を持ち、格闘技に関してもプロ級の腕前を持つ。

【人物背景】
仮面ライダー鎧武に登場するアーマードライダーの一人。仮面ライダーブラーボの変身者。
沢芽市の超人気洋菓子店「シャルモン」の店長。年齢40歳。本名:凰蓮厳之介(おうれん げんのすけ)。
鍛え上げられた筋肉ムキムキの肉体とスキンヘッドを華麗な衣装と化粧で飾り、オネエ口調で喋る超インパクトの人物。
「本物」「プロ」というものに強い拘りを持つ完璧主義者で、アマチュアや素人の行うものを「偽物」と呼び毛嫌いする。
その信念故に大人げない行動をすることもある、悪人ではないが厄介な人物。

【方針】
戦闘のプロとして目指すは優勝。
アマチュアは蹴散らし、自分と同じプロとは命懸けで勝負する。