ありす&バーサーカー◆HOMU.DM5Ns




”彼”は、決してこの聖杯戦争には呼び出されない存在の筈だった。





果たすべき望みなど始めから持っておらず、そもそも参加する資格すらも本来なら有していなかった。

戦う理由はある。だがそこに”彼”の意志は介在しない。
個人的な願いがないわけでもないが、それが許されるものでないのは理解しているし、より上位の命令系統に塗り潰されてしまう。
それは”彼”が生み出された目的であり、本能であり、運命としてのものだ。
その運命を、かつての”彼”は否定し、拒絶し、それでもなお縛りは解けず、苦悩を刻み……。
多くの仲間からの力を借り受けて、最後には解き放たれる事が出来た。
ある一人の人間―――”彼”にとっては、まぎれもなく―――との、永遠の離別を代償に。



地面に足をつけている視点よりも遥かな上。
今自分が生きている時代を超えた座(ばしょ)で、”彼”は宙に浮く揺り籠を俯瞰する。

方舟の意義とは、”保存”と”選別”だ。
一対のつがいの種族、地球上に存在したあらゆる生命の記録を残した完全な世界。
ほぼ全ての遺伝子を収めた中、ただ一種、一対に限定できなかった種があった。
先導する役目を負うが故に選別から外れたヒトという名の種族を、ここに改めて選び抜く。

太古の神話の再編は、まさに原始の時代の理に立ち返った形で行われる。
競わせる。争わせる。殺し合わせる。
弱肉強食。表せばこの四文字に全てが集約されている。
過去から変わらない、物言わぬ野生の生命は知っている。
熾烈な争奪と食らい合いの後に残るものは、個体の能力値に関わらず『生き延びること』に優れたものだと。
それが宙の海を泳ぐ方舟・アークセルの役目であり、その為に資格ある者をその内部に招き入れる。

資格に優劣はない。
強き者。優秀な者。賢しき者。恐るべき者。弱き者。愚かな者。臆病者。
ただの要素(パラメーター)を比べるのみでは、人間の値、可能性は測れない。
過去方舟が人間を一対のみに選別しきれなかったのは、その能力の多種多様さ故からだったのか。



聖杯戦争。
バトルロワイヤル。
選ばれたただ一人を決めるための戦い。
運命を変えられる報酬。
”彼”はかつて、そうした争いに身を投じた数々の命の一割れだった。

その世界には、不死の生命がいる。
生物には、その種の最初の一となった存在が必ずいる。
それらが生まれて初めて未来の扉は開かれ、無限の繰り返しの先にある繁栄を手にする。
参戦したのはそんな、地球にひしめく数多の種族の始祖。
始まりが故に終わりを持たない不死者たち。
逆説的に、種の代表という責務を背負っている彼らは、熾烈な生存競争を繰り広げた。
そして生き残った種族に与えられるのは、己が種の存続と繁栄。全ての命の取捨を自由にできる権利。

”彼”が認識した聖杯戦争は、その闘争と酷く似通っている。
次元の垣根を超えても、奪い合いは不変の法則なのか。胸に残された心に棘の痛みが刺さる。



いずれにせよ、彼はこの戦いには決して加われない。
種を選別する為の戦いに、種の滅びを定める者が表れてはいけないのだから。



歴史の旅路に脈々と紡がれていく命の河。それを絶やさない事こそ生物の絶対の使命。
多くに分かれ意識が固有化し、同胞と相争う人間達でさえ、そこにあるのは自分を残すという思いだ。
本能と呼ばれる、生命体の第一義。”彼”にはその真っ当な機能が欠けていた。

”彼”は、英雄でもなければ悪霊でもない。
かといって、何一つ業績のない無辜の民ですらもない。
”彼”は選ばれなかったもの。
残されなかったもの。許されないもの。あってはいけないもの。
……だが世界にとって必要なもの。
星という巨大な生命が選択肢の一つとして備えた、滅びという名の機構(システム)。

”彼”は系統樹なき虚無(ゼロ)の不死者(アンデッド)。
秩序と混沌の輪廻を繋ぐ星の自浄作用。
それは生命体の矛盾でありながら、全ての生命体の最低限の権限。
”彼”が選ばれるのならば、「その時」が来たと判断し、全ての命を無に還す。
苦しみに喘ぐことなく速やかに滅び去るのもまた命の生業。
真の自由とは生ではなく、死にこそあると。天の星々は理解している。

そんな”彼”が仮にも英霊の座に置かれているのは。
規模こそ違えど、その在り方は神霊種と同様であるからだ。
不死であり生命の始祖である彼らは発生した時点で高位の存在だ。
こうして”彼”が外で眺めている今も、地上の自分は現実での穏やかな生活を過ごしている。



例え勝利しても、”彼”に与えられる報酬ははない。
戦いの果てに”彼”がたった一人生き残るという事実。それそのものが破滅の引き金となる。
全ての種をリセットさせる滅びの現象。”彼”が何を望もうがそれは速やかに実行される。
何せその為に生み出された。”彼”の在り方がそのまま一つの願いとして成立してしまっている。
下手をすれば、多世界にまで及ぶ破滅が起こりかねない可能性も孕んでいる。

だから”彼”は、戦わない。かつての友のように、己を封殺して世界を守り続ける。
優勝すれば自動的に全人類、全生命を刈り取る死神の化身。
そんな無差別破壊兵器を求めるマスターなどまず存在しない。いたとしても受け入れはしない。
願いが永遠に叶わない事に”彼”は安堵し、微睡みの内に観測(しせん)を閉じようとして。




”―――――――――――――――――――――”




視界の片隅で、あてもなく流されるように夢遊する影が目に入る。
何かを追いかけるように、何かに追われるように迷い込んできた一人きりの少女。
次元を越えた境界での認識力は、少女の経歴を余すことなく伝えてきた。

彼女の物語は、とうに幕を閉じている。
利用されるだけ利用され、何の救いもなく、痛みだけの中で潰えてしまった人生。
現実を追い出され、精神が電脳に残された後でも、そこには孤独しかない。

そして今、少女はまた争いに巻き込まれようとしている。
戦う意思はおろか、戦うという行為自体も理解できていない幼い心で、凄惨な殺し合いに身を投じてしまっている。
戦火に焼かれ人の悪意に解体された少女は、夢の中でさえ戦火と悪意から逃れられない。
それこそが、彼女が何よりも逃げたかったものなのに。



何故こんなにも彼女に救いがないのか。
この末路を運が悪いと認めてしまっていいのか。
そして、気づいた自分は、このまま黙って見ているだけで、それでいいのか?



数々の疑問と感情が生まれ、答えが出されるよりも速く。
”彼”は”俺”となり、何もない場を駆けだしていた。



分かっていることだ。自分では彼女は救えない。
この呪われた運命の体が勝ち残る事は許されず、帰る場所のない少女は残る魂を焼き尽くして消えるのが確定している。
運命を変える月に願うという最低限の救済すら、自分達には与えられない。

ならせめて。最後まで傍にいよう。
もう二度と、誰にも看取られず一人きりで消えるような、悲しい終わりを迎えないように。
死神の忌み名を、その為に今こそ再び受け止めよう。あらゆる脅威から彼女を守り抜こう。
甘い夢から覚め、砂糖菓子のような体が砕け散るその時まで。
彼女の手を取り、涙を流してくれるような友人を見つける。
そんな小さな奇跡が起こるのを願いながら。



だから方舟よ、俺を招け。彼女の許に連れていけ。
余分な権能(力)は捨ててやる。元から不要なものだ。
削ぎ落すだけ削ぎ落として、無理やりにでも規格に当てはめろ。
どれだけ厳しい罰が待ち受けようが足を止める理由にはならない。必ず勝ってみせる。





運命と戦う事を、俺は決して恐れない。





 ■          ■




突如として巻き起こった突風。
夜に星が落ちてきたと思えるほどの眩い閃光。
マスターとして認識されてしまった少女の前に表れたサーヴァントは、恐怖の塊のような姿だった。

緑色の血が通った黒い全身。
頭蓋骨をそのまま嵌め込んだような顔は、苦悶を食いしばった表情のまま固まっている。
人らしい理性など一欠けらも感じさせない、狂戦士のクラスに相応しい容貌だ。

「あなたはだあれ?わたし(ありす)のお友達になってくれるの?」

そんな人ならざる異形を目にしてなお、マスターたる少女は怯えの様子を一切見せずに語りかけた。
少女は聖杯戦争に参加したという自覚はない。ただ果てのない道を歩き回ってるうちに辿り着いただけだ。
しかし自覚はなくとも少女はマスターであり、目の前のサーヴァントとは互いを認識する契約で繋がっている。
そこから拙く情報を取得した少女は、この怪物が自分に危害を加える者ではないと理解していた。

「…………」

怪物……バーサーカーは答えない。
その名の通り理性の喪失を対価に能力を底上げする基本スキルを持つサーヴァントは、対話の能力が失われている。
言わんとする事は理解できていても、実際に声を交わし合う事はこの二人には叶わない。

「そっか、お喋りできないのね。つまんないの。
 それにしてもこわい顔。まるでジャバウォックみたい。それともバンダースナッチかな?」

少女はやや不満そうに頬を膨らませる。子供は言葉の並べ合いに楽しみを見出す年頃だ。
心が通じ合えば言葉は不要、などという合理的思考には動かされない。

「…………」

無言のバーサーカーは、棘と突起だらけの凶器と見紛う腕を少女に差し出す。

「……?これ、くれるの?ありがとう!」

掌に握られたのは一束の札。興味を惹かれた少女は無警戒に怪物の手を取って紙札を広げた。札はトランプだった。
五十二枚の絵札は色とりどりの模様が入っており、どれも統一して何かの生き物を象っているものだ。

「わあ、すてきなトランプ!おもしろい絵がいっぱいあるわ。
 トランプ兵をあやつってるあなたは、ひょっとして女王さま?」

娯楽、遊戯に飢えていた少女はすぐさま札遊びに夢中になった。
札を合わせたり、並べたりして、即興の遊戯に没頭する。
既に不安の気持ちはない。少なくとも今、自分は一人ではない。その事実だけで、少女は一時の幸福の中にいた。

「あなたは、あたし(ありす)といっしょに遊んでくれるのね?あたし(ありす)のお友達をさがすのを手伝ってくれるのね?
 さっきね、あそこでいろんなひとたちが集まってたの。あたし(ありす)だけじゃ不安だったけど、あなたがいればへっちゃらね。
 あたし(ありす)ね、みんなでトランプ遊びがしたいな!みんなで兵隊をうばいあって、さいごにババ(ハズレ)を持ってたひとを引っこ抜くの!
 楽しいわ、きっと。あなたもそう思うでしょ?」

少女は歌う。くるくると、狂狂と。
夢に見た念願が、遂に叶うのだと喜んで。蝶の羽を毟る気軽さで、殺し合いに臨む。
その実感は少女にない。彼女はただ寂しさを埋めたくて遊びに誘うだけ。
ありすの遊びは断れない。頷けばかくれんぼ、横に振れば鬼ごっこに変わるだけ。
ネバーランドにオトナはいらない。エイエンのこどもの国から逃げ出そうとすれば、ハサミで首を切り落とされ、棄てられてしまう。



無邪気にはしゃいで駆けていく姿を、バーサーカーは黙して追う。
自意識を喪ったサーヴァントは、残った一心のみを果たすだけの機械に等しい。
ソレは自身のマスターの守護者であり、他のマスターやサーヴァントの死神であり、殺し屋であり、怪物であり、災厄であり、正体不明であり、
ジャバウォックであり、バンダースナッチであり、人である。





少女の夢を悪夢で終わらせない為、何者でもない怪物(ジョーカー)は夜を往く。








【出展】

仮面ライダー剣

【CLASS】

バーサーカー

【真名】

ジョーカーアンデッド

【ステータス】

筋力A+ 耐久A 敏捷C 魔力B 幸運E 宝具D

【属性】

混沌・狂

【クラス別スキル】

狂化:A
 パラメーターをランクアップさせるが、理性の大半を奪われる。
 ……のだが、理性を奪われたにも関わらず、ステータスの上昇は機能していない。

【保有スキル】

不死:A
 不死の生命であるアンデッドとしての特性。
 だがサーヴァントはあくまで分身であるためその特性は薄まっている。
 HPが0になっても、幸運判定で復活のチャンスを得る事が出来る。

無貌の切札:A
 ワイルド。
 いかなる生物の系統樹でもないという、ジョーカーのみの特性。
 特定の種族に適用する効果を一律無効化する。
 Aランク相当の変化スキルも有しているが、狂化のため使用不能。

軍勢生成:―
 眷属のダークローチを生み出すスキル。
 だが通常時にはまったく機能しない。
 この能力が発動するのは最後の一人となった時、即ち、聖杯戦争に優勝した時のみである。

【宝具】

『寂滅を廻す死札(ジョーカーエンド・マンティス)』
ランク:D 種別:対人宝具 レンジ:1 最大捕捉:1人
 命を刈り取る形をしている手持ち式の鎌。
 地球上の全生命を死滅させるという、ジョーカーの攻撃本能が結晶化したもの。
 斬り付けた対象の、生物としての純粋度に応じて追加ダメージが加算される。
 ダメージが一定値を超えると即死判定がかかる。
 対象外となるのは、地球上の生物でないもの、生物の版図を越えてしまったもの、そもそも生物でないもの。

 本人の霊格が落ちているのと、ジョーカー本人がこの宝具を望まないため、ランクも下がっている。
 本来のランクはEX。効果が鎌でなくジョーカー自身に移り宝具名も変更、
 地球全土にまで殺害範囲が増大する。ちなみにどれほど広範囲でも種別は対人のまま。
 命を滅ぼしながら星は滅ぼさない、星の自浄作用であり自壊衝動の一つ。

【weapon】

『ラウズカード』
 五十二体の生物の始祖の不死者が封じられたカード。
 ありすの遊び道具として使われてる。というよりその為に無理やり持ち込んだ。
 解析すれば魔術の代替えに使える……かもしれない。

【人物背景】

 生物の生存本能が結集し、生き残った最後の一匹が地球上の生命を思いのままに操れる「万能の力」を手に入れられる戦い、バトルファイト。
 全ての生物の始祖たる不死者―――アンデッドが集う中、ただ一体何者の始祖でもないイレギュラーな存在、それがジョーカーである。
 始祖がいない、系統樹がいないこの個体がバトルファイトに勝ち残ると、生物を残す必要がないと受理され、地球の全生命が死滅する仕掛けが施されている。
 ジョーカー自身もその本能に従い暴れ回る殺し屋のようなものであり、唯一自力でアンデッドを封印できる能力があるため、
 全てのアンデッド、全ての生命体から忌み嫌われるべき存在である。

 しかし、次代のバトルファイトが行われた現代で目覚めたジョーカーは、前回の勝利者として生き残っていたヒトの始祖、ヒューマンアンデッドを封印した際、
 内部からその心に働きかけられることで自身の運命に疑問を持つ。
 アンデッドとの戦いに巻き込まれ命を落とした男が、最後まで家族を思い自分に写真を託した事で疑問は更に表面化。
 ヒューマンアンデッドの姿に擬態し、疑問の答えを得るため男の家族の許へと身を寄せることになる。

 男の母と娘、アンデッドの力を使い人を護る戦士達。
 多くの交流の中でジョーカーは人としての心を育んでいく。
 だがどれだけ人らしい感情を取得しても、その本質はアンデッド。それも愛する者さえ手にかける事になる最悪の死神。
 苦悩し、多くの協力を受けながらも遂にジョーカーが最後のアンデッドとなり、世界の滅びが始まってしまう。
 最大の友となった人間に自分を倒すよう願うジョーカー。友はしかし、それを拒絶する。
 掴んだ選択は誰も失わない方法。自らもヒトとしての体を捨てる事で友を孤独から救ったのだった。
 ……ヒトの生と、永遠の孤独を代償にして。

 不死であるアンデッドだが、生物の始祖という強大な神秘は発生した時点で英霊の座に登録されている。
 このサーヴァントはそこから召喚に応じた存在であり、英霊の本体と分身のサーヴァントとの関係のようなもの。
 現実の世界では、彼は今も人間として生き続けている。

【サーヴァントとしての願い】

 孤独となった友を救いたいという願いはあるが、ジョーカーの存在意義である「命を刈り取る」という本能はそれを許さない。
 優勝した瞬間、聖杯は生命絶滅という機能を真っ先に願いとして受理されてしまうからだ。
 最悪、アークセルと接続した全地球の生物が死滅するという次元級の災厄も起こり得る可能性を秘めている。
 その願いはアークセルと真っ向から対立するものであり、ジョーカーもまたそれをよしとせずただ傍観するのみでいた。

 だがアークセルに迷い込んだ少女、ありすを見つけ、彼女を守るべく多くの無理を通してサーヴァントとして召喚される。
 最たるものはバーサーカーのクラスになった事による、人の心の喪失だろう。これにより、相川始の名は消失している。
 月に来たアルクェイドや尾を切り離した玉藻の前を想像すると、どういう状態なのかが分かりやすいだろう。

 奪われた理性、削られたヒトの心で願うのは、ありすの救済だ。
 自分は決して勝ち残ってはいけないサーヴァントであり、ありすにもまた救われる術が見当たらない。
 聖杯戦争に参戦しながら、この組には優勝する望みがまったくない。
 なら最後に消えるその瞬間まで、彼女の傍らに寄り添いその孤独を癒そう。
 その思い出が涙に滲まぬように、彼女の望みを叶え続けよう。
 その先に一筋の光が差すことを信じて。

 運命に勝つ。
 それこそが、このサーヴァントの戦う意義である。

【基本戦術、方針、運用法】

 バーサーカーらしく、その戦法は暴れ回るしかない。ありすの指示に従うか、ありすに危機が迫った時のみ行動する。
 色々と制約がついて回ってるものの、その能力値は上級サーヴァントと遜色ない。 
 「無貌の切札」で概念系や干渉を限定する相手にもある程度耐性があるため、正面切っての戦いではそうそう遅れを取らないだろう。
 宝具は対純粋生物特化というべきで、相手によっては確殺もあり得る。大半が人間のマスターの方が危険。 
 逆に天敵は機械系のサーヴァント。総じて生物に対して強い性能なので、人工物には相性がよろしくないらしい。
 ラウズカードはありすの遊び道具以外に使い道はない。何せその為だけに持ってきたのだから。
 頑張ればコードキャストの参考に使えなくもないが、コストに見合うかといえば微妙である。
 マスターは魔術師としては規格外であるものの生存力という点では疑いなく最弱。攻めあぐねてるならそちらを狙うのもいい。
 だがその戦法はこのサーヴァントにとって火に油を注ぐ行為。
 一度でも狙いを向ければ、これ以上ない凄まじい形相で追い回されムッコロされること必至だろう。



【出展】

Fate/EXTRA

【マスター】

ありす(本名不明)

【参加方法】

電脳を彷徨っている最中にアークセルの招集に引かれて方舟に辿り着いた。
あるいはデータ上の『ゴフェルの木』に触れていたのかもしれない。

【人物背景】

 白と水色の衣装を身に纏った、八歳ほどの少女。イギリス出身。
 第二次大戦末期に空襲で重傷を負い余命幾ばくもなかったが、その身に魔術回路があったことから実験体として無理やり延命させられる。
 数年の後肉体は死亡するが、精神は繋げられたネットに残り続け、電脳空間という夢の世界に旅立つことになる。
 アークセルには"知らない人たちがいっぱいあつまって、たのしそうだったから" という理由だけで、聖杯戦争に参加してしまう。
 命を奪う行為の重さも、殺し合いの残酷さも理解しないまま。
 ありす自身、自分の状態については朧げながら理解しており、この夢が永遠でないことは分かっている。

【weapon】

 なし

【能力・技能】

 空間転移、固有結界級の魔術を複数長期に渡って展開できる規格外の魔力を汲み上げられる。
 そのタネは、実体のないネットゴーストであるがゆえに肉体(脳)のリミッターが存在しないため。
 だがそれは回路が焼き切れるまでエンジンを回せるといっているようなもの。いずれは魂が燃え尽きる運命である。

【マスターとしての願い】

 なし。強いて言うのなら、友達を作って遊びたい。

【方針】

 ジャバウォック(バーサーカー)をお供にして友達探しの探検。見つけた人と一緒に遊びたい。
 鬼ごっこ、隠れんぼ、ババ抜き、遊びの種類は無限に尽きない。永遠に終わらない。

 余談だが、『鏡』『モンスター』の点から龍騎系ライダーとも相性がいい。