サボタージュ(SABOTAGE)

攻撃チームはステージの2箇所にあるどちらかのターミナルをハッキングし、ミサイルを破壊またはフルトン回収すると勝利。
ミサイルには電磁波バリアが張られており、ハッキングをする必要がある。
防衛チームは制限時間終了までミサイルを守りきれば勝利。
ハッキングされた場合、再度ハッキングをすれば再び電磁波バリアが張られるようになる。

得点が加算・減算される行動

行動 スコアボードの名称 得点
ミサイルをフルトン回収する - 1000
ミサイルを破壊する - 500
ミサイルのライフに一定のダメージを与える 50
ターミナルをハッキングする Objective 300
敵を殺傷する Kills 150
敵を殺傷または気絶睡眠させる際にヘッドショットをする - 100
敵をマーキングする - 50
味方の殺傷・フルトン回収をアシスト - 50
フルトン回収をする Fultons 250
味方がフルトン回収されそうになっているのを阻止する - 100
敵を尋問する - 150
敵を魅了する - 100
敵を気絶または眠らせる Stuns 100
驚異的な投擲に成功する - 100
敵が乗っている状態のウォーカーギアを破壊する - 150
自殺する - -300

バージョンアップにより変更される可能性があります。

その他、スコアには影響しないがMISSION RESULTSにて表示される行動(括弧内はスコアボードの名称)
自分が死亡する(Deaths)
自分が気絶または睡眠させられる
自分がフルトン回収された(Fultoned)
自分にマーカーが付けられた

解説

Ver1.10にて登場の新ルール。
シチュエーションとしては、MGO2のBOMBのような位置づけ。
攻撃チームは第一目標であるターミナルのハッキングをする際、ターミナル周辺の敵を排除しハッキングをしている者がやられないように守る必要がある。
第二目標のミサイルに手をつける時もただ破壊をするだけでなく、破壊しようとしている味方を攻撃する敵から守る必要もある。
状況に応じて、自分がオブジェクトの処理をするか、敵を排除するかを判断すべきである。
或いは開幕にターミナルではなくあえてミサイルに向かい、ターミナルがハッキングされるのを見越しC-4などの爆弾を仕掛けたりするのも手か。
破壊か回収についてだが、基本は破壊を狙おう。回収の場合はミサイルのライフが削れていなければ完了までに時間が掛かってしまう上、バルーンは比較的割れやすいためである。
フルトン回収は、ポイント差を意識しなければならない時に行うべき。

余談だが、ミサイルに電磁波バリアが張られている状態でもミサイルのライフにダメージを与えることはできるが、耐久力が高すぎるためハッキングをしていない状態での破壊は到底現実的ではないだろう。

対する防衛チームはターミナルをハッキングされなければまず敗北はしない。
そのためには後続を途切れさせないことが大事である。防衛チームのPCがいなければ隙ができ、容易にハッキングおよびミサイルの破壊・回収がされてしまうため。
一網打尽、ということにはならないようにしよう。
ターミナルがハッキングされてしまった時は、ハッキングをし直すかミサイルを破壊する敵を全力で排除。
敵が破壊ではなくフルトン回収を試みている場合、バルーンは比較的割れやすいがミサイルのライフが減っていれば減るほど回収に掛かるまでの時間が短くなるので要注意。

有効スキル

有効スキルなど

アナウンス

[基本的なアナウンス]
バディリンクを生成
バディリンクを解除
ワームホール使用可能
弾薬を入手[○○(弾薬の種類)]

[ポップアップでのアナウンス(OBJECTIVE)]
【共通】
ミサイルにフルトンが装着されました
まもなくラウンドが終了します(残り1分)
【攻撃チーム】
敵のターミナルをハッキングし、ミサイルの破壊、もしくはフルトン回収せよ
ターミナルをハッキングした
ターミナルがハッキングされた
敵の電磁波バリアを解除 ミサイルを破壊、もしくはフルトン回収せよ
【防衛チーム】
ターミナルを防衛し、ミサイルを死守せよ
敵が電磁波バリアを解除 ターミナルをハッキングし、防御バリアを復活させミサイルを死守せよ

添付ファイル