尾長丸


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

尾長丸(おながまる)

短刀 ことり
図鑑説明

私の名は尾長丸。○○(刀派)の薙刀として生まれました。
かつてはお寺を御護りしておりましたけれど、
今は御覧の通り、この姿……無価値で無意味な短刀に過ぎませぬ。

画像

全身図薙刀だった頃

 

紹介

  • 薙刀直しの短刀(額銘)。喜春梅實とは同じ刀派で兄弟にあたる。尾長丸が弟。
  • 打撃↓機動↑のステータス。会心の一撃率が高い。
  • 号の由来は失われている。鳥か猫か彗星か。
  • いっしょにいる白猫の名は丹毘(たんび)。しゃべる。
  • やさぐれ系めんどくさがり。
  • 一人称「私」「尾長丸」、二人称「あなた」、三人称「あの人」など。口調は丁寧だがよそよそしい。

生い立ち

  • 平安時代に薙刀として打たれる。
  • 元の性格はおおらかな柔和系のんびりまじめさん。2m超えの長身を持て余しがちな機動↓打撃↑タイプ。
  • 一時は山寺に置かれ、鼠対策の白猫丹毘と盗賊対策の薙刀尾長丸で寺を守っていたが、薙刀直しが流行し始めた頃、金目当ての賊の手で寺から盗み出されてしまう。
  • このとき斬られたことで丹毘は自分が化け猫になっていたことに気づき、そのまま尾長丸に憑いてきた。
  • 賊の依頼を受けた研師の枕元で懇願するも虚しく短刀に。ただし額銘としたためか記憶は失っていない。
  • 慰めようとした丹毘が軽く呪ってみたら研師も賊も死んでしまい、尾長丸は神社へ預けられる。鎮められたが、それから数百年やさぐれたまま。

性格

  • ごろごろだらだらやさぐれぐうたら生活。後ろ髪は尻尾のように気分で動く。
  • すべてのことがめんどくさい。転んでも起き上がらない程度にはめんどくさがり。サボることだけには熱心で、猫をかぶることさえ厭わない。嘘泣き、猫なで声、お手の物!
  • 紙風船や独楽を与えても「これに喜ぶほど幼子ではありませぬ」と言うが、紙風船ぽんぽんしたらじゃれるし、独楽回したらじゃれるし、猫じゃらしでもじゃれる。じゃれるけど習性ゆえなので、ぬーーーんと無言の圧力をかけてくる。
  • 自らを生んだ刀工の技術を誇りに思い、その技術を世間に知らしめることのできる存在としての自分に価値を置いていたので、大磨り上げで姿を変えられた今の自分には価値を見出せず、無価値なまま存在し続けていることを無意味だと思っている。
  • 昔を知る梅實に今の姿を見られたくなかったので、兄が本丸に来たと聞くやいなや高い機動を生かした見事な逃走っぷりを見せた。しかし兄は「そなた、少し縮んだかの?」で済ませるどころか、なでやすくなったとご満悦。
  • あちこち渡り歩いたなかで一番思い入れがあるのはお寺だが、そこでは誰が主というわけではなかったので、1人の主君に仕えるという意識が希薄で、忠誠心が低い。ゆえにどちらかといえば闇堕ち阻止要員。

丹毘

  • かつて尾長丸の置かれていた寺で鼠対策に飼われていた短尾の白猫。化け猫になった。しゃべる。
  • 面倒見がいいものの、お調子者で、やることなすこと裏目に出がち。

もらったイメージ

  • まるい
  • 色素薄そう
  • つりめ
  • 長髪
  • 羽モチーフ
  • 短刀
  • よく大太刀に遊んでもらう
  • 鳥の羽
  • 脇差か薙刀
  • 打撃はそこまで高くないけど、機動高くて会心の一撃を出しやすい

 

台詞
ログイン(読み込み中) あしびきの、山鳥の尾の、しだり尾の……。
ログイン(読み込み完了) 刀.剣.乱.舞。
ログイン(ゲームスタート) あの箒星は凶兆か、或いは……。
入手 尾長丸。今は身軽さばかりが能の、無価値で無意味な短刀です。
本丸 ……そんなものにはじゃれませんよ。
ただの習性です……こんなことをさせて楽しいのですか。
 
本丸(放置) (尾長丸)……ねーう (たんび)今は“にゃー”って鳴くんだぜ!
本丸(負傷時) 身を斬られる痛みなど、一度でじゅうぶんです……。
結成(隊長)  
結成(入替)  
装備  
 
 
出陣  
資源発見  
ボス到達  
索敵 (尾長丸)鼠一匹見逃さぬように…… (たんび)フシャーッ
開戦(出陣)  
開戦(演練)  
攻撃  
 
会心の一撃 面倒です、退きなさい!
軽傷 わずらわし……!
 
中傷/重傷 おのれ、やはり短刀の身では……!
真剣必殺  
一騎打ち 久方振りに、血が沸いた……!
勝利MVP  
ランクアップ  
任務(完了時) せっかくです。確認を。
内番(馬当番) これ以上は髪が喰われるので近寄れません。
内番(馬当番終了) よく寝ました。
内番(畑当番) あとは頼みます。
内番(畑当番終了) よく寝ました。
内番(手合せ) では、隠れるので、十数えてから始めてください。
内番(手合せ終了) よく寝ました。
遠征  
遠征帰還(隊長) うつくしい羽根を見つけました。
遠征帰還(近侍) 遠征の者たちが帰ってきたようです。
鍛刀  
刀装 はいどうぞ。文句がおありなら、次からは他の者に。
手入(軽傷以下)  
手入(中傷以上) あないみじ……。
連結  
戦績  
万屋 こどもだましの玩具など、欲しくありません。
破壊