第十四章 再来する二つの喪失


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「ふぅ……
さすがにあれほど立て続けに訓練を行うのは無理があったな。」

そう、一息つきながら腰をおろす間所。

「にしても、アイツ…
どれほどセンスないんだ…
丸一日かけて、まだ『直刺』すら体得できんとわ…

……ヤツに調教術を教えていた頃を思い出すな…フフッ

さて、私もアナル開拓のせいで相当な気功を消費してるようだ。

少し休むとするか。」

そういって、間所は眠りについた。



~~~~~~~~


真夜中…


ドッッゴゴゴゴォォォォオオオオン!!!!!!


監禁部屋の方からとてつもない爆音が鳴り響く。
目の覚めた間所は、急いで監禁部屋へと向かった。


監禁部屋の壁は見事、粉砕され、宙に舞う砂煙が部屋の中からこぼれる光をぼかしていた


「何事だ!?…」

手で砂煙をはらいながら、部屋へと足を踏み込む間所。
その先にはなんと、まばゆい金色の光に包まれ、毛髪を逆立て、目を真っ赤に染めたしょ

いへいがいた。

「くっ!?…
なんとバカでかい気圧なんだ!!!……

しかし、これほどの気功…
どうやって!?……

とりあえず、この気功の暴走を止めなくては…

調教の祖である間所家の力をナメるなよっ!!」


目にも止まらぬ速さでしょうへいの背後にまわる間所。
そして、右腕を大きく引き、

「“調教術”…

『三段飛翔-トリプルアクセル』!!!!!」

中指と人差し指をクロスさせ、しょうへいのアナルめがけ、三連続打ち込んだ!!!

「ブルペッチョングララララララァァァア゛アア゛゛゛ッッッッッッッッッッッガァァァ

ハァッア!!!!

……くぅぅう~~んっ……」
耳をツン裂く雄叫びとヨダレを撒き散らしながら、しょうへいは大人しくなった。


~翌朝~

「ん…ぅんん…」
しょうへいが目を覚ました。

「起きたか…」

ボッゴシッ

起きて早々、しょうへいは間所に殴られた。

「あれほど使うなといっただろ!!!」

「先生、でも、俺早く力をつけな…

「お前はここで死ぬつもりなのか!?
戦いってのは頑張ったどうこうの問題じゃないんだ!!!
自分の行動がどうなるかしっかり考えろ!!」

反省するしょうへい。
そして、部屋の壁が無惨に破壊されているのに気がつく。

「先生…

昨日、俺が気功を無理矢理出そうとしたあと、何があったんですか?…」

「本来ならお前は死んでいた。いや身体全てが気功になり、消滅していただろう。
確かに0になった気功を補おうと、お前の体は変換されようとしていた。

だが、鼻に宿しているイノセンスがお前の身の危険を察し、お前に代わって気功を補って

いた。

イノセンスによって産み出された気功は強力で、お前自身の気功は飲まれ、それで気を失

ったわけだ。

強力な気功に満ちた身体が理性を失った。当然、気功の暴走が始まる。

それがこの始末だ。

はぁ…

しかし、このイノセンスを利用した調教術は、マスターすればきっと強力な武器になる!

そのためには気功のコントロールが必要になる。」

そう言うと、間所は奥から何かを運んでくる。

「ンーンン゛んぅう゛ッ…」

なんと、それは裸で縛り上げられ、口を塞がれたしょうへいの卓球部の友達、

佐藤 タクミ

であった。

「イノセンスを発動させながら、また昨日のように中指に気功をためろ。
そして、今度は実際に相手に気功を流し、脳をジャックする感覚をつかんでもらう。」

『さっさっ佐藤…なんでお前がここにいるねん!』

これは翔平お決まりのたまにでる関西弁である。


『佐藤家は間所家代々から友好関係を結んでいるんだ。翔平…佐藤はお前の為にこの役を

かってでてくれたんだ!!』

『んんぅんはんん(そういうことだ)』

口を縛られながら喋る佐藤。


『でも、佐藤は友達…俺は友達のアナルをジャックしなきゃいけないのかよぉぉー!!
ドンドン、ドンドン!間所さぁ~~~ん!!!!!』

バチーーン!!

翔平の頬をはたく間所。

『お前がここにきたのは、そんな覚悟だったのか?翔平!!! 俺が最初に見たのはすべてを

覚悟した男の顔だ。それが今は、友達は調教できない………甘ったれたこと言ってっと…

おまっ…くぅ~~』

感情を抑えこむ間所。


スタスタスタ…

佐藤に近づく翔平

『佐藤、俺やってみるよ。俺がお前を調教しても友達だろっ?』

『はむ(うん)』

『よっしゃぁぁぁーー!うぉぉーー』

決意を固めたところで翔平はイノセンスを発動しようとしていた。

『んーーケナンチョ!』

ツゥッウィーーーーン!!!!!

するとまばゆい黄金の光が翔平の鼻をおおい、鼻もムクムクと上へ上へと伸びていった。

『こっこれがお前のイノセンスのケナンチョかぁぁー!』

と、驚きを隠せない間所。だが、教えてる側ということは忘れていない

『翔平!! ケナンチョのパワーを気功に変換させて、それを指にまとうんだ!』


そして、翔平はドラ〇ン〇ールでスーパーサ〇ヤ人になる時のポーズのごとく翔平の髪は

逆立って、体の周りには黄金の光をまとっていた。


だが、指に気功を溜めることができない…
『なんで…ハァ、ハァ、できないん…だよ。なんでだよー!!!!』

すると、翔平は今までに出したことないくらいの光を放ち、気を失った。