第十二章 もう一人のひろき


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

美枝子から話を聞いてから2日経っていた。

ガッキーは考えていた

どうすれば自分も力を手にできるかを……
深く考え苦しんだ。




同じくして、その頃翔平は、自分の力に気づかせられ戦うことを誓ってから特訓するため

に間所先生のとこにいた

間所先生と言えば、塾のビデオで男を調教していたあの学校の先生だ。


『間所先生、あなたの調教術を僕にも教えてください!』

『これはな、そこらへんの小便くせーガキが覚えていい代物じゃないんだよ、わかったか

!』


翔平はあきらめずに言った

『もう愛するものを失いたくないんだぁ!いいって言うまでここを動かないからな!わか

ったか?ヘッヘッヘッヘッ』

と興奮して、鼻ちんこを勃起させながら言い放った。


そして、間所先生は
『……そこまで言うなら、しょうがないな。代々間所家に伝わる調教術を教えてやる。』


『ヨッシャァァァー』
と喜んぶ翔平。


『では、また会おうな。』

『えっ!先生…?……』

次の瞬間に先生に何かを嗅がせられ、意識を失った

~~~~~


翔平は目を覚ました


なぜか翔平は、裸で手錠され手足を押さえつけられ、目隠し状態にされていた。

『なんだ何も見えねぇぇぇー、どうなってんだよ』


ガッシャン!!!!!!

『ん!』

『目を覚ましたようだな。』

『その声は間所先生か!? 何で、俺は目隠しされて、手足を手錠でやられてて、全裸なん

だよぉぉ!!!』


『私が承諾した後に、クロロホルムで眠らせて縛りつけたと言う訳だ。 これから君には

調教術を知ってもらう為に、私が君を調教する。』


『は?ふざけんなよ! ♪~I can't do it I can't do it I can't do it~』

と意味のわからない事を言い出した翔平


『できないのであれば、間所家に伝わる調教術は教えない。』

間所家は江戸時代から続く風俗業界の名家だったのだ。
そして、間所先生も昼は先生をやり、夜は風俗店を営んでいた。
そのため、その道にはたけていた。


苦渋の決断迫られた翔平は
『…………わかったよ』

『そしたら、始めるぞ!』

『始めるって何を始めるんだ……う゛ぉぉボェェー …まっどころ…先生そこは…』
翔平のアナルには間所先生の指が二本も入っていた。翔平はいつもだいすけはんを責める

側だったため、アナルは開発されていなかった…

『そうさ、アナルだよ!これから、毎日開発されるんだ!体でこの技を覚えろ。』

そして、間所先生は二本の指をジャイロ回転させながらほじくり、そして金玉をくるみの

ごとく転がす。

ことごとく翔平の下の黒い巨塔は勃起していた。

『なんだ、しっかりここは反応してるじゃないか』

『ちっっ違う!』

『いいんだよ、すべて私にまかせてくれれば』

すると、間所先生は翔平の黒い巨塔をしごきはじめた。
ひたすら、しごき続けた…

翔平はたまらず、
『アァァーー気持ちぃー!! まどきょろちぇんちぇいもっと………』

『すぐにでもイかしてやるよ。』


『…あぁん!!!』
そして、間所先生は指に代えてバイブを一気に翔平のアナルへぶち込んだ。
そのバイブを高速でピストン運動させた。

『あぁーーアナルいぃぃぃーだいすけは~~ん』
無意識のうちにだいすけはんの名前を呼んでいた。

『そんなにだいすけはんとやらが好きか?あん?』

『はぁい、、ちゅきー』

『明日には私が欲しくなるさ、ふっ』

その後、金玉の皮を限界まで引っ張った…翔平の黒い巨塔は充血し、我慢汁で巨塔はベト

ベトになっていた。

『どうだ、この調教についてこれるか?』
『ついて…きょれまちゅ、はぁぁー、いっきゅそう!いきます!はぁぁー』

そして、翔平はあまりの気持ちよさに昇天しまい、上からも下からも白いベタベタなもの

を飛びちらせていた。

『イっちゃったぁぁー、へっへっ』
と女の子のように喜ぶ翔平

だが、イったにも関わらず、間所先生は翔平のアナルに自分のいちもつをつっこみ、そし

て、翔平の上下のちんこをいじり始めた。

『先生、もう無理だよー!』

パンッパンッパンッパンッパンッ!!

クチュクチュクチュ…シコシコシコシコ


『まどころちぇんちぇい、、らめーー』

『まだまだこれからだぞ。ふっふっ』

『なんかこみ上げてちたーーまたぁーいぐぅぅぅぅーぶぇぅぅぇー!!!!!!!!!』

と次の瞬間には、、

プシャァァー!!!!!!

翔平は上のちんこからも下のちんこからも、潮を吹いていた。

『なんでぇー?なんでぇおれ、ちお吹いてるのぉ?』

『ふっふっ男でも潮を吹くんだよ。今日はこのぐらいにしといてやる』


翔平は頭が真っ白になり、気持ちよさのあまり気絶した…


翔平は間所先生に1日目から骨抜きにされ、新たな道に目覚めてしまった。


これで調教術を得て、みんなを助けることができるのか………