スキル

今作のスキルは「職業スキル」と「種族スキル」の大きく二つに分かれる。
ここではスキルに関する基本情報と特徴について解説する。


基本情報

SPとスキルLv

  • スキルの取得には「SP(スキルポイント)」を必要とする。SPはキャラ作成時に3ポイント、レベルアップする毎に1ポイント獲得できる。
  • スキルLvは職業スキルの場合は5か10、種族スキルは1が最大である。
  • スキルの説明画面の下の数字をタッチすると、スキルレベルがアップした時の効果や消費TPを見ることができる。
    ただし、例えば「5」を押すと画面には「スキルLv4」の内容が表示されるので混乱しないよう注意。

属性

  • 世界樹シリーズでは、物理属性(斬・突・壊)、魔法属性(炎・氷・雷)、無属性の7種類の属性がある。
    敵によって効く属性効かない属性が違うので、なるべく多くの属性をカバーしたい。
  • 一部のスキルは複合属性(斬+炎など)を持つことがある。
    この場合、ダメージ計算はより耐性の低い一方で行われるため、多くの敵に対応できる。
  • 当然、敵スキルにも属性がある。よく観察して適切な防御スキルを使いたい。
  • 「物理属性○○を~」という補助スキルの効果は斬・突・壊属性を含む攻撃にのみ、「魔法属性○○を~」という補助スキルの効果は炎・氷・雷属性を含む攻撃にのみ適用される。

攻撃範囲・射程

  • 敵味方共に前後列の隊列が組める影響で、攻撃スキルには近接・遠隔の概念があり、攻撃範囲の種類が多様化している。

単体 敵1体を対象にした攻撃
拡散 対象とする敵の両隣の敵にも攻撃が当たる
両隣に与えるダメージは中央より小さい(例外有り)
貫通 前後列に並んだ2体を対象にした攻撃
後列のみを選択することもできる
前列、または後列をまとめて攻撃する
全体 敵全体を対象にダメージを与える
近接 使用者が前列の場合、敵後列へのダメージが減少する
使用者が後列の場合、敵後列を狙えず、
敵前列へのダメージは減少する
遠隔 使用者がどちらの列にいても、
全ての敵に減衰無しのダメージを与えられる

  • 例えば「近接全体」技を前列で使用すると、敵の前列と後列で受けるダメージが変わってしまい、後列で使用すれば敵後列には一切ダメージが入らない、というわけである。
  • また、列、全体攻撃には攻撃回数や対象がランダムで決まるものもある。
    スキルによって1体あたりのヒット回数が制限されているものもあるので、よく確認しておこう。

依存部位・パラメータ

  • スキルの説明画面には使用部位と影響するパラメータが表示されている。
  • 依存部位は頭・腕・脚の3種類。その部位を封じられると使用ができなくなる。
    中には依存部位のないスキル(後述のユニオンスキルなど)も存在する。
  • 依存パラメータはスキルの種類によってほとんど決められており、
    ほとんどの武器スキル…STR依存
    ウォーロック等の攻撃魔法…INT依存
    HP回復…WIS依存
    封じ・状態異常…LUC依存
    となっている。
  • 攻撃と共に封じや状態異常を付与するスキルはSTRまたはINTとLUCの両方が表示される。
  • STR依存・INT依存スキルは、実際にはそれぞれATK・MATに依存する。また、STR依存攻撃はDEF、INT依存攻撃はMDFによって軽減される。


職業スキル

  • TPを消費して発動するアクティブスキルや、マスタリー・ブースト等のパッシブスキルを取得できる。
  • 冒険を進めて「二つ名」を得ると新たなスキルが追加される。
  • スキル群はツリー形式に表示されており、派生スキルの関連性がわかりやすくなっている。
  • スキルLvが5または10に達すると効果と消費TPが大きく上がるため、育成方針を立てる際は「派生スキルの前提分」「Lv5」「Lv10」あたりを目標に設定するといいだろう。
    • 消費TPを抑えるため、「Lv4止め」「Lv9止め」の選択肢もあり。

種族スキル

  • 今作で追加された新たなスキル群。探索・採集に役立つスキルや基礎能力を向上するスキル、「ユニオンスキル」等が該当する。
  • キャラのレベルが5、10、15、20と上がるにつれて徐々に解放されていく。
  • 最終的なスキルの総数は24個とかなり多いが、4個は初期から取得済み、他もスキル最大Lvは1のためSPの負担は少ない。
  • ステータスが上昇するスキルの場合、キャラのLvによってその上昇値は変化する。
  • 同じスキルでも種族によって取得可能なタイミングが異なるものがある。

ユニオンスキル

  • 今作のスペシャル技枠。
    ⅢやⅣと同じく複数人で発動するが、種族によって使える技が決まっている点が大きく異なる。
  • スキルの発動はターンの一番最初。稀少個体の行動を含め、全てのコマンドに先行して発動する。
    • 『祝福の光』は発動自体はターン開始時だが、効果が出るのはターンの最後である。
  • 発動するには使用者のユニオンゲージが100%溜まっていなければならない。
    • 複数人で発動する場合、協力者はゲージが溜まっていなくても良いが、発動後には使用者・協力者共にゲージが0%になる。
    • 樹海突入時は全員ゲージが100%の状態なので、1戦目からユニオンスキルを使用可能。
  • 同一ターンにユニオンスキルを複数使用した場合、後に選択したものが先に発動する。
    複数人で発動する場合、発動したキャラの位置で判断される。
    • 前列123、後列45の全員が『アナライズ』を使用した場合、5→4→3→2→1の順で発動。
    • 前列1後列5で『ダブルアタック』、前列23後列4で『気魄の楔』を使用した場合、『気魄の楔』『ダブルアタック』の順で発動。

+ ユニオンスキル一覧

|