MOD製作チュートリアル > プログラミングの前に

プログラミングの前にしておきたいこと・知っておきたいこと。

Eclipse

  1. 左側の「パッケージエクスプローラ」から、"Minecraft/src/main/java/com.example.examplemod"を削除する。(サンプル用のMODなので何もしない。)
  2. "Minecraft/src/main/java/"に"tutorial.aluminiummod"というパッケージを作成する。
    今後はこのパッケージの中にプログラムを作成していくことになる。
  3. "tutorial.aluminiummod"の中に"AluminiumMod.java"を作成する。これがAluminiumModの中心になる。

  • Eclipseには便利な機能が数多くある。
    • "."を入力すると、次に続くものの候補を表示してくれる。
      続けて文字列を入力していくことで絞り込みができ、キーボードの↑・↓ボタンでカーソルを移動、Enterで決定。
    • Ctrl + Shift + Oで自動的に必要なクラスをインポートしてくれる。
    • インポート文などのクラスを指定している所にカーソルをあわせ、F4を押すと左側の「型階層」で場所を開いてくれる。
      また、「型階層」のクラス名をダブルクリックすることでクラスを開くことができる。
    • 上と同じくしてF3を押すとそのクラスが開かれる。

ワークスペース

複数のMODを同時進行で開発したい場合、Eclipseのワークスペース(作業場所)を複数用意するという方法がある。
環境構築のForge 4~7をフォルダ名を変えて行い、Eclipseのワークスペースの設定(Eclipse 5)で開発したいMODのワークスペースを選ぶことができる。
  • ワークスペースの設定は、ワークスペース・ランチャーで「この選択をデフォルトとして…」のチェックボックスにチェックを入れていなければ、起動時に毎回変更できる。
    • もしチェックを入れたとしても、右上の「ファイル」から、「ワークスペースの切り替え」を選択すれば変更できる。

コメント

この項目に関する質問などをどうぞ。
名前: